CATEGORIES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
19日目 ドラゴンボートフェスティバル
台湾では今日は休日でした。

端午節

日本ではこの休みはないと思っていたんですが、なんだ端午の節句かー。こういうの知っておくって大事ですよね。外国に行ったり、外国人に聞かれたりするとつくづく思います。しっかりこういう伝統的祝い事はきちんと祝っていきたいですよね。


鯉のぼり、ひな祭り、餅つき、節分、あと何かありましたっけ?


これらの伝統行事って、だんだんとこじんまりとなっていってるような気がする。


今、外で鯉のぼりみることなんてないし、節分の翌日に外に豆が散らばってることなんてない。何か外に迷惑をかけることに億劫になっているのかなぁぁ。それか単純にめんどくさいのか。

外国人はこういった祝い事にはすごく興味を持っていて、見たり、体験したりするのが好きなのに当の日本人が見過ごしてしまうのは非常によくない。(そういう自分も伝統行事的なものはつくづく見過ごしてきた人の一人です)ので、これからは大きく祝うことにしました。自分なりの解釈で、楽しく祝える方法を見つけたいですね。

その点アメリカ人(おそらく他の西洋諸国なども)は結構そういうこときちんとしています。クリスマスだったり、イースターだったり、スーパーボール(アメフト)、ハロウィンだったり、そういうことを親戚や家族、友人が一つに集まる機会ととらえて、彼らなりのスタイルで楽しんでいます。

さて、端午節では粽とドラゴンボートの試合を見る習慣があります。粽は学校やら、家やらで今週の始めからちょくちょく食べる機会があります。この粽ですが、実に美味しいです。味が濃いのがいいですね。ご飯意外にも様々な種類がありますよ。





ドラゴンボートは言語交換をしている友達に連れってもらいました。





旗を取ったら勝ちであるそうな。。。



が、

うーーーん、



やはり花より団子だな。


出店の料理うまい!外で食べるの最高!!












いやいやドラゴンボート自体は悪くない。やはりやらなきゃつまらないのだ。だから、来年はぜひ参加して当日はがっつりボートを漕ぎたいですね。(どうやったら出場できるんだろうか?受け入れてくれるチームはあるのだろうか??)


PS1

日本代表のユニフォームを勝った。生涯で初のサッカーユニフォーム購入だ。試合をテレビで見れるかわからないが、気持ちではとことん応援しようではないか!

PS2

今日言語交換をした人とは、今回の台湾では最後になったかもしれないのでこの場を借りて一言。いろいろと連れってくれて、いっぱい中国語話してくれてどうもありがとうございます。めっちゃ楽しかったです。次は、まだ知らない京都をご案内いたしまーす(笑)


PS3
帰国の日程を変更しました。6月28日に帰国します。5月28日に台湾に来たので丸1ヶ月だ。




| Taiwan Trip | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
17日目 日本チームおめでとう!!
日本サッカーチームおめでとうございます!!

そして、台湾にいるにも関わらず僕に情報送ってくれた友人、たくさんのお祝いメッセージをくれた友人、ありがとう!! (友人の中には住人さんたちも含む)

外国人の友達からおめでとうと言ってもらえるのは素直にうれしい。ほんというと、僕は何もしていないからおめでとうって言ってもらえることなんて何もないんだけれど、やはり日本人だし応援していたし、その気持ちを称える意味でのことなので、素直にうれしいと感じる。日本の漫画すごいねー、日本の文化すごく好き、日本に行きたいって言われるのと同じ感覚かな。


日本の政治や経済(いきなりサッカーの話題から飛びます)っていまは(っていうかこの20年ほど)すごく悲観的だし、現に成長も止まっていわゆる「元気がない」状態ですが、外国人と話せば「何を言ってるの?日本はすごい国だよ、電化製品は世界中にあるし、アニメや漫画も人気がある。」「うちの国の1ヶ月の給料なんて、、」「アジアの国々の多くの人達は日本にきて働きたいと思ってるよ」「日本がもっとアジアの成長を引っ張っていってほしい」なんて声をよく聞く。

それは台湾に住んでいても同じような雰囲気を感じる。今の大統領は台湾の独立より中国よりで、中国に留学する学生が増えていたり、台湾に来る中国人観光客が増えていたり、ドラマの影響で韓国ブームがあったりするが、日本の文化はガッツリと根づいているし、ブームなんてレベルじゃない。なにせテレビを見たりや街を歩いていて日本語を見たり聞かないなんてことはほとんどない。 (以前にブログにも書いたけれど、日本人の友人と豆花(デザート)を食べてたら、誕生日おめでとうって日本語でなんていうのといきなり聞かれたこともある)


これってめぇぇぇぇぇぇぇっちゃ大きな強みじゃないでしょうか?(管総理へ)


管総理の所信表明全文を読んでみた。


しこたま、普通の国になる。ちゃんとする。これあれもちゃんとする。

っていうふうに読めた。


うーーーん、実に面白くない。(そう思いません?)


せめて冒頭を


日本を面白く!!!


から始めらば聞こえもいいのに。




実につまらんプレゼンだ。


そう思うと小泉さんはうまかった。


政策がやりすぎたとか言われてるが、つまらんプレゼンを冒頭からされて、さーー、私を信じてと言われてもどう信じるだい?? ってなってしまう。



夢の語らないリーダーなんてやめてしまえって思う。(いきなり草の根、草の根っていうけれど、そんなのこっちにすると全然関係ない話だ)



管さんがいいたいことは(この20年の日本は悪かったから)日本は普通の国になる、当たり前の国になる、ちゃんとするってことだと思う。



いやいやいや、当たり前の国になってどーーーすんの。



いまは明治維新のときのように西洋に学ぶものなんてないし、いや習うとすれば世界中の国々から学習する必要ようがある。


いやいやもー何を習うとかそんなんじゃなくて、悪いとこを直すとかじゃなくて、そんな鼻くそみたいなことを鳩山首相に引き続き言うんじゃなくて、



これから日本はアジアとともに生きていきます。それは今後のアジアを引っ張るというわけではありません。日本が好きな国の人たちにために、またより多くの人達に日本を好きになってもらうために、そして日本がもっとアジアの国々を好きになるための政策をとります。



はいかがでしょうか?


そのあとで、年金問題など、失業者問題など、、いろいろ考えていけばいいことでしょう。それこそちゃんとしていけば。





それにしても谷垣さん(自民党総裁)の名前を本当に聞かない。

なぜだろう。。。



PS1. 

台湾に来て日本のことがスカッと明快に見えてきたので、いろいろ政治について書きたい気分になっています。龍馬伝の影響ではありませんよ。


PS2.

台湾に来て半月が過ぎました、中国語力は順調に伸びています。でも、もっと手っ取り早く喋れるようになりたい。喋れてるイメージはできてるんだけれど、単語力、文法力が全然追いついてない。ペラペラ中国語までの道のりは流そうです。日本での学習もそろそろ考えておかなければ。。。

京都に住んでる中国語が話せるみなさんへ 言語交換しましょう。


PS3.

今日聞いて、そしてググってわかったのだが、台湾の出生率がやばいことになってるらしい。日本が一番悪いと思っていたのだが、それをグンに下回って悪いのだ。まぁーぼくも結婚もしていないし、子供もいないので、それを下げる要因にあたるのだが、、。 そんなこと言われてもね〜。^〜^


2009年台湾の出生率

(日本は1.37)


| Taiwan Trip | 02:51 | comments(0) | trackbacks(0) | -
16日目 こうなりゃとことん
こうなりゃとことん彼の背中を押し倒すことに決めた。


台南で知りあった友達(台南と高雄を案内してくれた友人)がいまして、その人は日本のことがすごく好きで、年に1度は日本に一人旅をするのです。


日本の古い建物や街並みががすごく好きなそうな。(うんうん)


日本に行きたい!住みたい!!オーラがバンバンでてたので、だったら日本に住めばいいじゃんと言ってみた。京都だったら、うちのゲストハウスに住めるよ。と軽く営業をかけてみるのも忘れずに。。


台湾と日本は去年からワーキングホリデーが始まってうちにも入居者がいる。東京の方が多いらしいが、京都を選ぶ人も少なくないらしい。

その入居者も大の日本好きで、神社やら祭りやらの写真をとりまくってる。(僕が台湾で撮りまくてるようにね:))



で、話は戻すとその彼といろいろ話しをするなかで、彼の中で結構現実的ワーキングホリデーを利用して日本に来ることを考えてる部分があるらしく、もし日本に住む場所はどうしたらいいかとか、バイトはあるかとか、具体的なことを聞いてきた。


うちのゲストハウスに住むとか住まないとか関係なく、より多くの外国人が日本に来て働いてほしいので、彼の感じてる一番の問題点を探ってみた。


日本に親戚もいる、友達もいる、行って、数カ月過ごす貯金もある。いまの仕事に興味がないし、やめることもできる。すっごく日本に住みたい。










いやいやいやいやーーー、だったら来るしかないでしょ。

来ない理由を探す方が難しい。

でしょ?そう思わない??


一つ彼が気にしていたのは、日本語に自信がない、もっといえば日本にいって過ごせる(仕事を含めて)自信がない。



なーーんだ。そんなことか。


確かに台湾に来る前はそんな気持ち頂いていたけれど、自分がしたい(台湾に住みたい)ってことを抑えるまでのものでは全然ならなかった。



根拠はないが、なんとかなるさ(笑)



自信なんてぜんぜんいらないでしょ。いや心配なのはわかるけれど、京都に住むんだったらうちに住めばいいし、大阪や東京の大都市だったら、知ってるゲストハウスが幾つかある。その範囲なら僕に任せてもらって問題ない。うちに住むんだったら、楽しくないなんてことはほとんどないし、楽しませる自信はある。(もちろんすべてを僕に頼っても困るが、そのチャンスは誰よりも多く提供できる)


で、住むところはほぼ解決できるので、次は仕事。



うちのゲストハウスで少しは働くこともできるが、マンスリーのゲストハウスなので民宿やデイリーのゲストハウスのように毎日あるということではない。ただそれよりもせっかく日本に来るんだし、広くいろんな人と出会ってほしい。


あと、仮にバイト一生懸命探したけれど、見つからなくて予算が底を尽きてしまって帰らなくなってしまったとしよう。けれど、だからどうなんだろう? そういうこともあるってことを想定しておけば、別に怖くはない。死ぬわけではないんだから。また、台湾にかえって働けばいいだけのことだと思う。あえていえば、その覚悟を持ってこれば、そして努力をすれば、道は自ずと開けてくるさ。


日本だったら僕がいるので困ってることがあればなんでもいってきて欲しい。できる対応はなんでもするよ。



ようこそ日本へ。





<今日の食事>

朝食


昼食


夕食


今日の飲み物はなしです。あえて言えばコーラかな(笑)


PS1

ってかすごくうらやましい。

もしゲストハウスをしていなかったら、お客さんが全然いなかったら、俺もワーキングホリデーを利用して台湾に住みたいだけに、彼の環境が一方ではうらやましく思えてくる。もちろん今の仕事は大好きなので辞めるつもりはさらさらないですよ。


PS2

エキスポハウスではW杯はどれほど盛り上がってるのだろうか??出場国の住人さんもいるのでケンカにならない程度にヨロシク!




| Taiwan Trip | 02:54 | comments(0) | trackbacks(0) | -
15日目 台湾ですき焼きをつくる
さて、今日は何もない日。

何もないので、何かすることに。

日ごろホストファミリーにはかなりよくしてもらってるので、日本料理を作ってごちそうすることにした。

当初はお好み焼きを作る予定だったが、材料を買うときに何かいまいちしっくりこなかったので、すき焼きに変更。

てっとりばやく、美味しくつくりたいので、すき焼きのたれを購入。

これさえあれば失敗はなく、かつうまい!








あと、ホストマザーの要望にこたえて出し巻き卵をつくることに。

台湾のコンロの火力は強いので焦がさないように、強火ですばやく焼く。




完成。


子供のころ自分が料理できるとは夢にも思っていなかったけれど、やってみると大したことではないものである。僕のなかでは、料理のしんどいところは継続性である。一度、留学生を受け入れたことがあって2ヶ月間ほぼ毎日夕食を作ったことがあるが、あんときは少しきつかった。


外見から料理できないと思われてたのか、どうかは定かではないが、ホストマザーからはすごく褒められた。

「いままで日本人の男の人料理してるのみたことない、私の旦那さん(台湾人)も料理できない。すごーーい!!」っと


大したこともしてないのに褒められるのが少し気がひけたが、否定することでもないので遠慮なく受け取ることにしよう。

というわけで褒められるのが好きなので、日本料理の家庭料理(?)を希望の台湾の友達のみなさーん。ご連絡お待ちしております。どこへでも作りにいきますよ。(笑)



けれど、相変わらず日本人男性評価は悪い。少なくとも僕の周りの日本人男友達は料理ができる。顆粒の出汁からではなく、カツオや煮干しから出汁をきちんととったりするなど、ぼくよりも強者ばかりである。

それでも、僕の場合は(基本自分の食べるためには作らないので)ゲストハウスがあってこそのいまがある。料理をすることに躊躇うことなくできるようになったのも、仕事のおかげ、うちに住んでくれる人がいるおかげである。

周囲の環境が自分を大きく変えていってる。

いまから思えば自分自身のみで出した決断なんてない。様々な人、経験がいろいろ重なりあって自分が形づけられている。

もし、自分自信が何か変わりたいときは周りを変えてみるというのも一つの手かもしれない。


<今日の食事>

朝食:写真なし。


昼食:超豪華!!

夕食:上記

<今日の飲み物>

今日は家の近くでいつもいっているお店(チェーン店。名前は橘子工房)を見つけたのでそこで購入


義式鮮桔茶

うーーーん。これはいまいちかな。梅ジュースが若干入っているのが、あまり好みではない。夏のときには塩分がとれていいかもしれない。


PS.台湾のフライパンは総じてでかい!



PS2 ニトリ発見!!




| Taiwan Trip | 04:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
14日目 いまバレイが熱い!
今日は、台湾に来るきっかけともなった2年前のアメリカで出会った友達の高校卒業ステージ(モダンバレイ)を見にいった。



つれてってくれた友達もその1人。(2人とも一回りも年下なので、友達と呼んでいいのかわからないが、その呼び方しか思いつかなかったので友達で)

前日にそのステージは高校でやるということを聞いていたので、台湾の高校にいく想像をしていたのだが、ついたところは大学。










あまりの広さ、そして建物の大きさ、普通の大学とは違う雰囲気に圧倒される。

友人は国立台北芸術大学の付属高校に通ってるそうな。

建物からしてかなり有名な大学であるということがわかる。たぶん、日本で言うところの東京芸術大学であろう。





ステージの中身については何も聞かず聞かされずきたので、少し心配だったのだが、その心配は全然いらなかった。


(このステージのタイトル名がバナナ。結局なぜバナナかは最後までわからなかった)


セリフは一切なしの現代バレイ(この表現が正しいかどうかは不明です。)


日本でみたことのないバレイをまさか台湾で見るとは思ってもいなく、がっつり見入ってしまった。


しかも、高校生といえどレベルが高い。


写真がないのでなかなか説明しにくいのだが、1つの物語が通しで行われるのではなく、4つの演目があり、本格的なバレイもありつつ、バレイをベースにした別の振り付けもあり、いままでやってきたのを「見せる」というよりかはバレイを知らない素人の人たちを「楽しませる」ように構成されていた。(単なる卒業お披露目的な公演ではなかったのだ)


そしてバレイはいままで食わず嫌いというか、イメージだけで嫌っていたところがあるのだが、180度転換され、その迫力、パワーにがっつり取り込まれてしまった。

一番の感激を受けたのは、言葉なく伝えるという表現体と理解までの速さ。


例えば、


すごく景色のよい大自然を見たときって、すぐに気持ちいいって感じますよね。バレイを見るっていうのはその感じに似ているところがある。心がすごい!!って感じるまでの時間がすごく短いのだ。これがセリフ付の舞台だとそうはいかない。ストーリーを耳で聞いて理解して、初めて満足感が味わうことになる。


うーーん、他にもバレイの良さを解説しようと思ったのだが、なかなかできない。


野球の投手にたとえるとセリフがある役者は、変化球も多彩で幅のある投球ができるが、バレイの役者は直球のみで球威でおさえるといったところか。。。。


よけいわからなくなりそうなので、これくらいに。



ちなみにバレイは、身体芸術といわれるそうな。

うん、すごく納得。

もしみなさんもチャンスがあればぜひバレイを見にいってくださいまし。


<今日(昨日)の食事>

朝食:胡椒餅かな?


昼食:排骨飯(とんかつ定食のようなもの)


夕食:台湾とんかつ


夜食:ゴマみそ麺


<今日(一昨日)の飲み物>

QQ奶茶(珍珠奶茶)

やばいこれはうまい!!ミルクティーなのであるが、オレンジジュースを売りにしてるお店ということもあって、他店よりはすっきりして飲みやすい。

タピオカは珍珠(チェンジュゥ)というのですが、QQでも一般的に通じるそうです。このお店はQQと表記されていました。



PS 今日は周りに高校生が多いこともあってか、中国語ができないということを実感。普段は僕にあわせた中国語を話してくれていることを改めて実感。まぁ仮に英語だったとしても、高校生同士のネイティブの会話なんてそんなに理解できるとはおもわないが。。。それでも、あまりの中国語力のなさとがっつり孤独感を味わってショックをうけています。

PS2 台湾生活も半月が過ぎて、残すところあと2週間弱。そろそろ日本に帰ったときのことも考えとかなきゃ。。中国語すぐに全部忘れてしまいそうだ。

PS3 13日目は抜けてますが、猫空&市政府近くの夜市にいってきました。

PS4 どうやら2010年W杯は、(個人的に)何も盛り上がらず終わりそうです。



PS5 普段使ってる↑のいいね機能に急きょトラブルが。。。なんとか解決方法を発見。いろいろやりくりしてフェイスブックログイン時でクリックしても顔の表示はされなくなっています。

| Taiwan Trip | 04:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
12日目 台湾しゃぶしゃぶ
大家 你好-- 我最近還好啦--

越來越我可以聽得中文和說中文一點點

雖然我來台灣學習中文只有兩個禮拜,就好像已經住了兩個月.

就是說, 我回去日本的時候,好像已經住了四個月.

可是在日本我沒有機會說中文,,,OH-- NO--- 怎麼辦!!




どもども

調子に乗って中国語で書いてみました。

そんなに大した中国語でもないので、翻訳サイトでコピペしていただければ簡単に訳せるかと思います。

さて、今日は学校の前にあるしゃぶしゃぶレストランに行ってきました。

前から気になってたのですが、台湾に着いたときにホストファミリーが連れてきてくれたこともあって(別のお店だが)、だいたいどんなのかわかっていたので行っていませんでした。

けれど、いつもいってるお店に毎日行くのも何かはずかしいので、やむなく1人しゃぶしゃぶをすることにしました。(ちなみに台湾では1人でしゃぶしゃぶ屋に行く人はけっこう多い。)

で、

通常日本でしゃぶしゃぶというと肉のグレードが違うぐらいでそんなに種類はないのですが(まぁ昼間にしゃぶしゃぶというのもあまりないですが、ましてや1人で)




どーーーーん!!牛から、豚、鶏肉、海鮮、なんでもあります。




今回オーダーしたの豚しゃぶですが、もはやしゃぶしゃぶというよりかは鍋。


そして野菜も半端なくおおい。これは女性1人ではまず食べきれない。基本台湾の料理は家でも、外でも比較的量が多い気がする。

しゃぶしゃぶの鍋も日本と違っていて、1人1つの鍋がテーブルの中についています。その中に適当にいれればオッケー。そして、タレは10種類くらいのなかから自分好みにアレンジできます。



基本は、しょうゆと甘だれみそをベースにするらしいです。好みにもよるでしょうが。


こんな具合に





タレ好きなので、たっぷりつけて食べます。




やっぱりしゃぶしゃぶというよりかは鍋ですね、でもこれはこれとして美味しい。この台湾しゃぶしゃぶは結構人気でよく見かけます。こういったその国にあった形で日本料理がかわっていくのはすごく面白い。この台湾しゃぶしゃぶ、日本に逆輸入しても結構いけるかも。。。けど、そうなってくるとしゃぶしゃぶじゃなくなるなーー。


あと、台湾しゃぶしゃぶではフリードリンクとフリーアイスがついてくるそうな。



少なくともいままで2店いったなかでは2店ともありました。その分、他のお店と比べて値段は3倍くらいです。ここの写真によく出てくる昼のお店はおよそ70―80TWドル(210円〜240円)、しゃぶしゃぶは約200TWドル(600円ほど)。


それにしても季節関係なく、ラーメンなり、うどんなり、鍋なり、よく熱いものを食べますね〜〜。ぼくは、日本の夏にでる冷えた料理(冷麺、ソーメンなど)が嫌いなので、別にかまわないのですが、食後は体が熱くて仕方がない。


そうか…だから飲み物屋も多いのかも。



今日の食事

朝食:写真を撮るのを忘れてしまいました。おにぎりでした。

昼食:しゃぶしゃぶ(写真は↑)





夕食:韓国料理


今日の飲み物

なしです。


PS1 今日の夜ご飯の韓国料理は2年ほど前にうちに住んでいた住人さんに案内してもらいました。どーもありがとうございました。2年前が懐かしいなー。

PS2 この2,3日天気が良かったんだが、明日からまた雨がつづくそうな。。。もう嫌だ。

PS3 日本のみなさーん、そろそろホタルが見ごろですよーー。



| Taiwan Trip | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) | -
11日目 中国語を介して
昨日よく店員さんたちと仲良くなったと書きましたが、今日も早速その店で昼食を食べて、学校終了後はそのお店に遊びにいきました。

そこで初めて筆談してわかったことなんですが、じつはその店員さんたちは台湾人ではなかったのだ。1人は発音が何か違ってて聞きとりにくいなと思っていたのだが、もう1人は疑いもしなかった。仲良くなったのは女性の店員さん2名なのだが、1人はベトナム、1人はインドネシア出身からなんだと。

それで、疑いもしなかったほうはインドネシア人のなのだが、なんと来てまだ3ヶ月しか経ってないそうな。もちろん母国では中国語は勉強したことがなく、こっちきて一から始めたんだと。すげぇぇぇぇぇぇ。歳を聞くと19歳だとか。(うんうん。やはり若いうちに言語をやっておくのが一番。)いまは学校に朝8時から朝10時まで行って、その後すぐに店に戻って夜の10時まで働くそうな。それでいて月の休みは2日だとか。。。またまた驚く、すげぇぇぇぇ。

で、その彼女たちと小一時間ほど日本語を教えたり、お互いを紹介をしたりする。彼女たちは英語が話せないので、もちろん中国語を介して。(無論、お客さんは少ないが営業中である。日本ならまず無理だろうな)

日本では東南アジアの人たちとコミュニケーションをとるときは(日本語を話せる人を除いて)英語が基本だったのだが、(旅行にいってもそうなのだろうと思っていたが)、これからはそうでなくなる場合もでてくると感じた。

中国の経済発展とともに中国語を経済的に必要とする人たちは増えてきているだろうし、中国の国営放送CCTVは発展途上国でもテレビがみれるようにアンテナを無料で取り付けたりしていると聞く、これからはアジア人にとっては必要性の高い言語になることは間違いないだろう

勘違いしないでほしいのは、だから勉強したほうがいいとか言ってるわけではないんです。ただ、中国語を勉強して、台湾で外国人と中国語で会話をしたことがうれしかっただけなのだ。これからもそんな機会に恵まれるかもしれないと思うと、勉強していて楽しくなる。


ただ、以前にもブログで紹介したフィリピン人同様、東南アジア諸国の国々の人たちとの距離感(移民政策)には非常に興味がある。台湾の移民戦略については日本語ではあまり情報がなかったが、こんなサイトをみつけた。


台湾における移民に関する戦略

(こんな独立行政法人があったとは。。。。)


日本が移民政策を進めることになるとしたら、台湾と同様に介護や家事労働者、外食関係になるであろう。そのときの日本人と外国人との違いや距離感、問題はどのように直面するのか考えるだけでゾクゾク(楽しみという意味で)してくる。


いまは、移民≒犯罪 文化崩壊 テリトリーを侵される などのイメージばかりが先行してるんだろうけれど、日本人なら軽々と柔軟に対応していくと思うんだよなーー。少なくとも僕の頭の中では、悪いようになることは考えられない。

移民の人たちにとって住みやすい町になれば、アジア諸国からも憧れの国になって、日本のブランドの価値はいま以上にあがる気がするんだけれどなーー。これってお金があまりかからずにできて、経済効果&面白くなる(夢がある)気がするのはぼくだけでしょうか?


今日の食事


(朝食)


(昼食 エビのワンタンいり うどん)


 
(夕食 これ+牛肉スープ)


昨日の飲み物(今日は飲まなかった)





鮮百香QQ緑茶 このお店NO1の商品だけのことはある。いままで飲んだなかで一番うまかった。


PS 台湾のお店は、その店その店の個性があるから面白い。チェーン店も増えてきてはいるんだろうけれど、個人でやっているお店がまだまだ多い。ぜひともこのままで残ってほしいものだ。日本の料理店は、生産性、効率性、ばかりで実に楽しくない。(あらゆる外食チェーン店好きのぼくがいうのもおかしな話だが)

PS2. もしかすると昨日から続くお腹の調子の悪さは台湾のコーラからかもしれない。(台湾のコーラがぼくと合わないという意味です)今日もコーラを飲んで調子が悪くなった。




| Taiwan Trip | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
10日目 為什麼我這麼愛台灣? なんでこんなに台湾を好きになったか?
facebookに質問があったので、なぜ好きになったのか?なぜいま好きなのか?改めて考えてみた。


我喜歡台灣因為....

2008年我到美國參加FOLKMOOT活動,在那個場合, 我遇到了來自台灣的代表團体,我和他們相處得很愉快. 這是我第一次認識台灣.
之後,我開始到台灣旅行,到今我已經來遇台灣三次,我覺得我真得是愛上台灣了!! 台灣人真是太親切了.
從以前認識的台灣朋友,網路上認識的朋友,他們在我停留台灣期間,很親切安排我參觀城市,帶我去觀光. 到餐廳吃飯的時候,也和親切店員成了好朋友.我的接待家庭媽媽,也很體貼日本人,做了許多好吃的菜給我吃. 因此我非常喜歡台灣人.
我住在日本京都,從現在開始,如果有台灣人到京都觀光,我一定說中文親切帶領他們參觀京都古城,認識京都的歷史.

所以我要要努力學習中文.

(↑我的接待家庭媽媽幫助我,,,我還沒自己寫這麼長篇文章. ホストマザーに翻訳してもらいました。まだまだこんな中国語はできないですよーー。)


 台湾のことを知るきっかけとなったのは2008年にアメリカのFolkmootというお祭りに英語の通訳として参加して、そこで台湾のチームと出会いすごく楽しく過ごせたから。その後、いまも含めて台湾に3回来ているんですけれど、以前からの台湾の友達やネットで知り合った友達が町を親切に案内してくれたり、昼食よく食べに行くお店の店員さんと仲良くなったり、ホストマザーが日本人の好みを考えながらおいしい料理を作ってくれたり、そんな台湾の人たちを好きになった。
 今は台湾の人たちが京都に来たら中国語で案内できるよう、どんどん中国語を勉強していこうと思っています。ってか会話ができるようになる!!! 



PS.... Sorry no English translation,, i was tired to express my feeling about Taiwan in English. Please ask me, i will just answer it.


PS 2 このブログ書くのにかなり疲れたーーー。うーーん、なんでって答えるのは本当難しい。もう好きだからとしかいいようがない。けれど、それじゃ気持ちを全然共有できないんだよね〜。


PS 3 この夏、iphone 4g 買います!!


PS 4 今ややお腹が痛いです。


PS 5 いまW杯はどんな感じなのでしょうか?? 日本は盛り上がってるのかな?


PS 6 I miss you my residents in Expo House!!!!




| Taiwan Trip | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) | -
8・9日目


今週末は台南&高雄にいってきました!!

結論から言いましょう!!

ますます台湾を好きになりました。


まず、昼に台南に到着を目指して9時ごろに家を出発。高鐵(いわゆる台湾新幹線)で行ったのだが、日本の新幹線の駅の場合、在来線と一緒の駅もしくは在来線の駅から2,3駅くらいのところにあるが、台湾ではそうではない。





新幹線の駅から在来線の駅までが遠い。。。台南の場合だとバスで50分くらいかかる。(バス待ちもいれると1時間と少し、バスは無料)感じとしては日本の空港をイメージしていただくといいかもしれない(日本の空港って都市部から遠いでしょ)。

結局なんだかんだして、板橋駅(台北駅の次の駅)から台南の市内まで2時間半(新幹線1時間半バス1時間)ほどかかった。


たぶん、新幹線を市内までもっていっちゃうとコストがかかるんだと思う。新幹線も在来線同様に安価で提供するためには、初期費用はかけれなかったんだろう。日本の新幹線って高いでしょ。あれは、初期費用分のコストも見込んでるんだと思う。台湾では1時間半のっても1100元(約3500円)なのだ。



(周りに建物らしきものは何もない)



で、台南の高鐵の駅からバスで台南駅に1時ごろ到着。




ホストマザーにホテルを予約してもらってあまり自分で調べなかったので、さて探そうかなと思ってると目の前がそのホテル!


鉄道ホテル



ホテルの従業員の人と拙い中国語でやりやあうとするも、あっさり英語をしゃべられ3時からチェックインということがわかった。

その後友人と会って昼食へ



台南史跡巡り



冬瓜茶 最高!めちゃうまくてめちゃ安い!!



豚を発見!



台南の史跡巡り



台湾のスタイルで祈ってみる



夜からは別の友人と合流


成功大学の内の史跡を散策した後、原付で夜の海にいくことに!!!



YEA!スクーターに乗ったぜ!!


まさか台南でスクーターに乗れるとは思ってもいなかったので、うれしかった。


2日目は高雄


昨晩にあった友人が高雄を案内してくれた。


うーーん、こんなにもすべてのことがうまく進んでいいのだろうかと思ってしまう。。。でも、実際にそうなってるんだから、きっちりと接待を受けようではないかと開きなおることにした。

まずは、有名な蓮池。




龍から入って虎から出るのだが、龍は天国で虎は地獄らしい。あまり地獄からでてきたくはなかったのだが、しかたがない。


そして、高雄でも海岸(旗津海岸)へ行くことに。


とはいうものの、高雄についてから気温はぐんぐん上昇して37度に。。あっっちーーー。そして、鞄の中には長袖がぁぁぁ。なぜ持ってきてしまったぁ。


海岸の公園でおしりにひたすら水をぶっかけてる子供を発見(笑)



今日は自転車で海岸を走ることに。







たくさんの出会い思い出をありがとう!!!また、台南&高雄にきます!!




PS 写真日記みたいになってきたけれど、このブログの写真のアップロードがかなり遅いのでかなりめんどくさいです。どうにかなりませんかね、JUGEMさん。

PS2 日本の首相が菅さんに!!ドラスチックに日本を変えていきましょう!!!。。。けれど、無理なのかなー。菅さんってわかそうに見えてもう60歳超えてるよねー。落選したもう1人の候補の人って聞いたことないけれど、50歳でしょ。ちょっとテレビで見たかった。年齢で差別はしてるつもりはないんだけれど、どこかのじじいの集まり新党には何があっても投票はしない。石原さんがいまの日本の若いものにこれだけ日本のことを憂い出る人がいない。なんて言ったけれど、こっちだと憂い出るさ!!なんとかしたいんだけれど、あんたらの顔が邪魔なんですよ。
多くの老人を政治家として出しゃばらせておく日本がよくなるとはどう考えても思えない。




| Taiwan Trip | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
7日目
台湾に来て、まる1週間が経ちました。


かなり時間が経つのがかなり遅く感じます。感覚的には1ヶ月くらい住んでるような感じかな。


さて、昨日台湾の友達に連れていってもらったKanpaiという焼肉店を紹介したいと思います。


台北市内を中心にチェーン展開しているお店で名前のとおりオーナーは日本人だそうな。






このお店ではあいさつ系の言葉はすべて日本語でする。


まず入店すると


「いっらっしゃいませーーー」と全スタッフが他のお客さんが振り返るほどの大声でさけぶ。


おおおおお

スタッフ全員日本語が通じるかと一瞬思ったのだが、そうではないらしい。少なくとも僕がいったお店には日本語が話せるスタッフはいなかった。


ようはパフォーマンスとしてよく使うフレーズを日本語で叫んでいるのだ。もちろんそれは僕が日本人からだけではなく、すべてのお客さんに対してである。

だから、いらっしゃいませ!!!! といわれた後、

你想喝點什麼? (何か御飲み物はいかがですか?)

とくるのである。

いらっしゃいませの他に聞こえた言葉は

ありがとうございます


熱いのでお気をつけてください(炭を交換するとき)

などなど。そのほかにも2,3つほどフレーズとして日本語が使用されていた。


スタッフも多く食べ終わった皿はすぐに下げにきたり、飲み物がなくなりかけるとすぐに追加の注文を聞きにきたり、よく気配りが聞いている。



とまぁここまでなら、日本の居酒屋でもたまに見る感じである。


が、やはりここは台湾である。


活気があるついでに、店員さんは店内に流れている曲を手待ちの時間などに口ずさむのである。それもけっこう大きな声で、である。しかしカラオケ的な感じではない。ようは音楽を楽しみながら、口ずさみながら接客をしているのである。まるでコンサート会場にいるかのごとく口ずさみ、他の店員とも一緒に盛り上がる。(お客に対しては、お客さん側から働きかけをしない限り盛り上がることはしない)

しかもそれを見ていても全然苦にはならないのである。何よりも店員さんたちが楽しんでやってるというのがわかるので、見ているだけで楽しめるのだ。あとでわかったのだが、店長が一番のりのりで歌いながら率先して接客をしていた。


そしてまだまだしかけは続く。


次は8時になるとお客さん全員で乾杯をするのである。ただ乾杯するだけではない。店員がお客さんのなかから自己紹介してもいい人からいろいろ情報聞き、それをみんなの前で紹介するのである。(おもしろそうだったので、ぼくも紹介してもらった)

こんな具合に紹介をうけます。


From Kanpai!!!




で、そのままの勢いでかんぱーーーい!!!!









店員さんもいっしょにかんぱーーーーい!!!



いいですね、実にいいです。


日本で感じていたことなのだが、日本のチェーン店の居酒屋の多くが料理のメニューを季節に合わせて、嗜好に合わせて適度に変えたり、トイレの掃除を頻繁にしたり、いかにお客さんを「高度」にもてなすことを考えてサービス作っていくけれど、もっと店員さんとお客さんのコミュニケーションがとれるようなしかけをつくればいいのになと思っていた。

だって、学生のときおばちゃんが1人でやってるようなお店ってみんなよく行ってたりしません?なぜ行くかって味ももちろんあるけれど、おばちゃんと会話したり、笑顔がみたりしたいから行きますよね。たまに、お菓子なんかをもらったりしたりして。。。そうやってお店とお客の関係をとおりこしたところで関係が結ばれていきますよね。そういうのって別にチェーン店だからできないってことはないと思ってたんです。

そしたら、そんなお店が台湾にあった。


その他のイベントとしては、キス(同性でも可)を10秒以上すると一皿無料になることイベントや、お酒(ビール??)を一番お酒多く&速く呑んだ人にはドリンク数杯無料になったるするイベント(ぼくがいったときはこのイベントはなかった)があった。

詳しくはこちらから。(中国語ですが・・)





最後は店員さんとも仲良くなって、フェイスブックで仲間になりました。



(一番左が店長)

PS.明日から台南にいきます。

PS2.セブンイレブンでアスパラガスジュースを見つけたので、ハウスメイトの日本人と一緒にトライ。



ハウスメイト感想: 「えっえっええ、悪くない。なんだろう、悪くない。普通に飲めますよ。」

ゆうすけ感想:「うーーん、えっまぁーー、なるほど、うん悪くない。」

その後、一緒に買ってきたブドウジュースを飲む。

ハウスメイト&ゆうすけ感想:「こっちのほうが落ち着く。」

でした(笑)

けれど、このアスパラガスジュース買ったお店では結構売れていましたよ。


今日の食事




昼ご飯は抜き





| Taiwan Trip | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ