CATEGORIES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
京都嫌いです。

根っからの京都嫌いです。恐らくいまの仕事やってないと京都には住んでいないと思います。


地元愛や住んでる町への愛はあるのですが、なんらかの事情があってそれを離れることの未練というのを感じません。それよりも次の土地の新しい出会いへの期待が上回ります。


なので、友人が会社の事情で転勤、特に海外の転勤になりそうと相談をされると僕は逆にうれしくなってしまうので、相手の気持ちの理解がすごく苦しむ。


2006年に九州から戻ってきてもう5年。


最近、京都を離れたいと強く思っています。


そろそろ住み飽きてきました。


でも、それこそ海外転勤になる友人たちが自分たちの都合だけで物事が決まらないように、いまは京都が職場なので、面白くない京都を面白く自分なりにカスタマイズさせていかなければいけないなのかな。



So Deep Kyoto.



掘ってみたいと思います。

| From Boss | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
Rainbow apps iPhone アプリ作成を習い始めました。
今日iPhoneアプリ作成の学校に行ってきました。これから2ヶ月間学校に通います。(2週間に1回ですが、、)

Rainbowapps という会社が主催していて、主要都市では定期的に開いているのでみなさんもぜひ。ちなみに京都校の先生たちは大阪のドラプロという会社からこられています。社長さん(先生)が女性の方で、女性の方も安心して丁寧に教えていただいますよ。

ところで、

アプリ作成なんて無理って思ってません?


これからはアプリの時代ですよ。

これは間違いないです。

まー、なんども聞いたり実感したりする人も多いと思いますが、、

そうでない人もいるので(自分の年代的にわかりやすく)説明します。

iPhone4の登場はWindows95のイメージでいいのではないでしょうか。

それとおよそ同時期にISDN(NTTのネット接続)なるものが出始めてホームページを作る人たちも徐々に増えてきました。ISDNはいまで言う無線LANやWiMaxなどの無線ネット接続と置き換えれるでしょう。

さて、その当時を思い出すととにかくホームページを作らなくてはいけない的な雰囲気がながれていました。親が自営業だったのもあってそんな営業はよくありましたし、通ってた大学は情報系でも理系の大学でもないにも関わらずホームページ制作が必須だったり。けれど、ネット開拓期ということもあって、ホームページで何をするの?だったり、ホームページを作ったはいいが、、で?みたいな。 効果なほど期待に添えるほどではなかったことでしょう。

さていまは。。

シェアハウスを経営していますが、ネットなしにシェアハウスはありえません。少なくとも個人もしくは小企業が気軽に始めるということにはなってないでしょう。ネットがないと日本では不動産の仲介業者の営業力が高いため、彼らに頼らざるを得なくなり仲介手数料も払わなくてはならず、1ヶ月や2ヶ月単位の入居といったニッチの市場をとらえることなどできっこありません。

と考えるとこの10年15年で、ホームページが様々な世界の流れを変えていったといえます。

さて、アプリ。

スマートフォンを持ってる方はアプリをダウンロードしたことはあると思います。

非常に簡単で手軽。

けれど、意外と使い続けるアプリって多くなくて、いつも使うアプリって決まってると思います。

この感覚って以前のホームーページが流行り始めたときと似てませんか?

「ネットサーフィング」したものの、ほとんどのページはその日限りで2度と訪れないものばかり。

大したは情報はのってないし、すぐにあきるし、天気なんか調べるときはNTTに聞いた方が早かったりしたものです。役に立つことといえばちょっとした調べもの検索とメールのみ。


それはいまのアプリにも当てはまっていてて現在流行ってるのはゲームやツール、管理なものが多く、いまホームページを持ってる企業がアプリもオリジナルで作ってるというわけではありません。


ホームージが必然のツールになったように、いずれはアプリも進化し、洗練されていくと思います。


たしかにスマートフォンではホームページも見れるからわざわざアプリを作るなんて必要ない考えもあります。けれどこう思ってみてはいかがでしょうか。駅前のコンビニか少し離れたスーパー、駅前にいるあなたはジュースが飲みたいときどちらに買いにいきますか?

この場合スーパーはホームページです。スマートフォンでみるホームページは見るに耐えません。見れないことはないですが、見た先の会社のアプリがあるなら迷わずそっちをダウンロードすることでしょう。先日、ホテルを予約するためiPhoneから楽天トラベルのPCのホームページから利用したのですが、いちいち画面を大きくするのが面倒で嫌になっていたところ、楽天トラベルのアプリを発見してすごく快適に使用でき予約もしました。


これからはアプリの時代

ましてや携帯文化の比較的長い日本においては、小さな画面を使いこなすことにそう抵抗感はないでしょう。


そんな思いを巡らせながら、今日学校に行ってその方向性に間違っていないことを再確認できました。


ただ、ExpoHouseのいまあるホームページとなるようなアプリをすぐに作ろうとはおもっていません。まだ、ちょっと早い気がしますし、アプリを簡単に作れるソフトもないので、いまは待ちです。これから作っていこうとしてるアプリは住人さんにちょっとしたプレゼントになるような記念アプリで、Apps for youです。頑張ります。


PS 今回、プログラミングをかじって、改めて英語の大切を実感した。いうまでもなくPCの言語は英語。英語できなきゃ話しにならないとまではいかないが、理解度にワンテンポ、ツーテンポ遅れてしまう。それらは自分以上に先生たちがしみじみそういってた。

とりあえず算数&数学は英語で教えることにして問題なし。古典は選択制に。英語の授業は日本人ではなく外国人。


今日作ったアプリ (ピアノ)






*追記
スマートフォン用にカスタマイズされたホームページがあることを考慮から外していました。失礼。けれども、言いたいことは大方の流れとしていまあるアプリがゲームなどだけではなく、一般化されていくことがわかっていただければ、うれしいかと。


| From Boss | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
男性の為の結婚式
以前、日本の結婚式について書いたことがあるが、来月大学時代仲の良かった友人が結婚するというので再度書きたいと思う。

結婚式の祝儀って高くない!?

さて祝儀の問題は横に置くとして、その他に不満があるとするならば招待される男性友達にとって、結婚式(2次会も含む)はつまらないということなんです。

結婚式の目玉は、女性の花嫁姿で、2次会のメインはビンゴゲーム及びゲームである。よく2次会で集まった友人同士でカップルができると言われるが、10回近く行っているがそんな出会いしたこともなければ、なりかけたことも聞いたこともない。

(今回も友人が出会いの場になるよう企画を考えているようであるが、「本気」もなく2次会はそーあるものだからでするのなら辞めていただきたいものである。)

さて、現在の結婚式は女性のためのものであるのは間違いないが、では男性はどうなのだろうか?女性はいかにして美しく結婚式に登場するか、いままでお世話になった家族へどんな言葉を送るか、自分と向き合いながら式に望むが、男性の結婚への位置づけはその前の段階である「女性の父親へのあいさつ」で終わっている。それが終われば、お金の心配以外男性の出る幕はない。

つまり男性にとっての結婚式当日はすでに「結婚完了形」であり、式は単なる通過儀礼でしかないのだ。よって、男友達からするとそのようなシャンシャン結婚式に参加してもてんでつまらない。


結婚式は女性だけのものではないはず。


女性がその美を見せ、そして別れを告げるなら、男性はその想いを、その覚悟をみせなくてはいけない。


「男の為の結婚式」の一例。




自分をさらけ出して結婚の覚悟を見せたいという方は動画の終わりにあるメルアドまでご連絡を。サポートしますよ。

| From Boss | 23:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
英語のススメ アジア語のススメ
先日、グーグル元副社長の村上氏の講演会に行ってきました。

その中で彼が言われたことを英語の重要性。英語の重要度は益々増え、これからは英語ができる人とできない人で世界が二分されるだろうと。そして、それ身につけてない人はハイリスクな道を選んだということになると自覚しなくてはいけないと。その為には米国に留学するのが手っ取り早い。そうでなければ、1日3時間、3年間必死に勉強すればなんとかなると。

ちなみに村上さんが本格的に英語の勉強をされたのは、31歳からだそうだ。英語学習のHow to本も出されている。


これについては文句なく賛成。


ぼくは、それを飛び抜けてアジアの言葉を習うべきだと提唱したい。


どんなマイナーな言語でもいい。


アジアにおいて富裕層は3カ国語しゃべるのは普通である。それこそ日本に住んでるアジア人と話ししてみるといい。そのアジア人が日本語が話せれば、母国語と英語をあわせて3カ国語を話せる人は少なくないはずである。


問題は、社会人が今から語学勉強を初めてそれが経済的に役に立つのかということであろう。いま実際に英語もアジア言語も使ってない中で、それらを学習する必要性にも迫られない。


それでも生きていける状態であるのが、日本の大きな問題で経済が停滞する一つの一因でしょう。


日本経済の停滞に一撃を食らわすってことで勉強する人はいませんでしょうからね。


| From Boss | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
台湾是台湾 (台湾は台湾)
まずこの動画を御覧ください。



各国が支援の裏でいろいろ考えてることは、支援する上で当然のことなのでそれはそういう認識を持っていればいいと思うのですが、問題はチャイニーズドラゴン新聞社主幹の孔健氏の言葉。

台湾も中国だから中国も台湾を含めたら100億以上の支援をしている、と。

台湾人を代弁して言うと、


ふざけるな!


彼は、批判されることを考えた上で言ってるのでしょうが、これをまともに捉えて日本人が台湾人に伝えたらすごく悲しむでしょう。


この問題は、公式的に世界から中国と認められているところでも、同じ民族だから中国でくくっても問題ないと捉えると大きく間違ってしまうことになる。例えば、


香港はどこの国ですか?


と聞かれたときに、その答えは公式的には「中国」です。


ですが、


(数少ないですが、過去にあった香港人から聞いた範囲からすると)、香港人の認識はそうではありません。


彼らは自分自身のことを中国人とは言わない。香港人と答える。どこの国の出身ですか?と聞かれれば香港と答えるのだ。


まだ変換されて、10数年しかたってないので、今後変わっていくのかもしれないが、現時点では香港人にとって香港はシンガポールと同様に隣に広大な国を持つ一つの都市国家という認識であろう。


さて、話を台湾に戻そう。


台湾人に日本のイメージを聞くと、様々な答えがでてくるであろうが、日本人に台湾のことを聞いても何も答えられない人が多いであろう。かく言う私もそうだった。


台湾によく行くようになってから、度々聞かれるのが台湾って何語話すの?

である。

この答えは、中国語である。

最低限この基本は押さえて欲しい。


そして、付け足すと。

中国の中国語と台湾の中国語の字は、少し違う。中国は簡体字、台湾は繁体字。言葉は方言による違いはあれど、基本は同じ。

加えて台湾には台湾語というのもある。

年配同士が話すのは台湾語が多い。南部に行くとその傾向も強くなる。

台湾語には、日本統治の影響もあって日本語がそのまま台湾語になってるのもある。


まだ他にも中国が使う中国語と台湾が使う中国語には違いもあるのだが、また別の機会に書くことにしよう。


今回、台湾からの支援は日本に大きなインパクトを与えた。台湾フリークな自分のみ生らず、台湾のことを知らなかった日本人も驚いた。ヤフーニュースにも度々登場し、テレビのニュースや討論番組などでも取り上げられた。誤解のないようにいえば支援140億円分の広告効果はあったのではないだろうか。


また、最大の義援金を送ってくれた台湾にお礼を言いたいと一度も台湾に訪れたことのなかった日本人女性のデザイナー・木坂麻衣子さんが発端となって寄付を募り、1週間ほどで約2000万円の募金を集めた。(この木坂麻衣子さんは日本では無名であるが、2chの開設者でもあるひろゆき氏がtwitterで取り上げたことで広まった。




拝借元−謝謝台湾計画


自分は残念ながらこの計画を知ったときには、募金の受付が終わっていたのでこの活動に参加することは出来ませんでした。


この支援をきっかけに台湾のことを知ることになった日本人に対して、台湾のことを少しでも理解してもらえればうれしいですね。そして、ぜひ1度台湾へ




| From Boss | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
高校の「古典」は選択性に
今日、ある韓国人のに出会いまして日本語が片言だけど会話ができるくらい話せました。

日本に住んでる韓国人は日本語がうまいので、さほど驚きでもないのですが、日本語をいつどこで勉強したのかと聞くと、高校のとき3年間だけ勉強したそうな。(その韓国人の年令は30歳前後)

うーーーん、やはりか。

高校のときから日本語の勉強をしてる韓国人は少なくなく、高校から大学にかけて勉強したのちワーホリで来る人は多い。

強調したいのは、高校から日本語を勉強しているということだ。

日本のどの高校に韓国語の授業がとれるであろうか?

英語が小学校から必須にとかでニュースになってる場合ではないのである。

どうせなら1年生から初めても早すぎることはない。


高校のときから日本語の授業がとれるというのは、何も韓国だけではない。台湾やタイもそうである。


このままいけば日本の40年後は人口が1億人を保ってはいないのである。(人口将来推計)そんな中で、日本語だけで日本だけで通用すると思ったら大間違いである。よく社会保障などフィンランドなど北欧がとりあげられるが、教育についても習うところが多いのではないか。フィンランド人に英語が話せない人はいない。フィンランド人の友人に学校教育を聞くと、小さいころから数学などはフィンランド語ではなく英語で授業が行われてるそうな。なぜなら、フィンランドにある大学だけじゃなく、世界の大学で授業が受けられるようにとのこと。子供のころから「世界」を見据えて教育であり、より多くの選択を与えようということでもある。


日本でも高校から第二外国語の授業を薦めるべきだ。


そこで、一つ提案がある。

高校の古典の授業を第二外国語の一つとして選択制にしてはどうだろうか?


現に米国ではラテン語を外国語の一つとして選択的に授業をとれるようになってるところが多い。

古典はたしかに日本語の基礎であろうが、中学から高校にかけてまで強制的に学習させることよりも一つでも多くの言語と接する機会を設けてあげるほうが、これからの社会には大事ではないだろうか。古典は中学でおえるなり、国語の授業の一部として代用することもできる。

さっき検索して見つけたブログであるが、このブロガーの意見に賛成である。

Blog of Kensuke Yamazaki. Ver. 2.


この言語の習得の大切性は普段外国人に接してる人たちは、せつに思ってるのではないだろうか?

シェアハウス経営の手本にもしてきたシェアハウス国際交流協会の近藤さん(いまは東京都東久留米市議員になられたが)も同様のことをブログで伝えてる。

民主党 東久留米政策委員 近藤せいじのオフィシャルブログ 


子供のことは子供手当てだけではなく、将来どのような人を育てるかという視点を持って教育を考えていかなければいけない。顔の見えない教育委員会だけに任せてはいけないと思うが、みなさんはどうお考えでしょうか?




| From Boss | 04:28 | comments(0) | trackbacks(0) | -
子ども手当よりも
出町柳のすぐ近くのカフェで外国人の友人たちといろいろトーク。

カフェの名前は忘れたけれど、このカフェ雰囲気がすごくよくてオススメ。町屋カフェで中庭があって、その中庭の中にも席がある。

注文した豆乳プリンは、今まで食べたなかで一番うまかった。



友人たちは大学の研究者なので、話題はアカデミックに。

その中で、興味深かったのは、なぜ日本の政府はせっかく増やした子ども手当を復興資金として割り当てようとしているのかという主張であった。優先順位とすれば年金の減額が先だと。


お〜なるほど、たしかにそうだ。

老人たちは子供や孫たちにお年玉をあげるが、その程度では補うことができないほどの世代間格差が生まれている。子供たち、若者の将来への負担は重い。

世代間公平性を考えれば子ども手当を1万円減らすよりも年金の支給を1万円減らす方が格差をなくす意味でも妥当であるし、多くの資金を確保できるはずだ。仮に、持ち家に住んでいる年金受給者だけに限定しても、その額は多くなるであろう。

が、政府にはそれができない。できたとしても、受給開始年齢を伸ばすくらいであろう(これは復興と関係なく、しなくてはいけないが)。現にもらってる人たちの年金の支給額が減るとなれば、選挙権を持ってる彼らはそれを許すはずがない。もちろん、子供もきっちり説明して、理解できれば政府に怒りを感じると思うが、肝心の選挙権がないため、政府からは足元をみられる。


ただ常時なら年金の額を減らすなんて行為は無理であろうが、いまは非常時であるわけでこれくらい型破りな提案ができる政府を国民は求めていると思う。



| From Boss | 04:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
次世代洗濯機をアップルが作ったら??
今日、Rozanに新しい洗濯機を設置したときのことである。

東芝の洗濯機でボタンは日本語表記なので、ボタンを写真にとってプリントアウトして、それに英訳をしたのをタイから来ている住人さんに見せると、半分冗談でなんで日本の製品は英語で書いてないんだと言ってきた。いつものようにここは日本語だからお前が日本語勉強しろ〜と言ってやろうと思ったが、

何かピンときた。

iphoneが日本に住む外国人に売れている理由の一つはこれだ。

日本に住んでる外国人は、約50人知っている(中国人は1−2名ほど)が、彼らが持つ携帯の半分以上はiphoneである。お金が無いと言ってる人もiphoneだったりする。

なぜか?

少し前日本で流行ったパカパカ携帯だと外国人にとって自国の言葉が打てない、読み込めないのである。説明書も日本語のみだ。これはやっかいである。英語はパカパカ携帯でも打つことはできるが、米国でiphone発売以前ブラックベリーが流行っていたようにPCと同様の配列で打つ方が好まれているのである。

それらiphoneだと簡単な操作で上記のことがすべて対応可能である。日本で売れた製品を海外に輸出(または現地で生産)する際、現地の言葉に対応した製品などにする必要はないのである。

断っておくが、今はiphoneを持っているがiphone3が発売された当初は否定的であった。パカパカ携帯の方がいいだろーっと、しっかりボタンを押したときの感覚をもって電話つなごうよと、メールをしあうよと、思っていた。そしてこれは自分だけではなく多くの日本人がそう思っていたことだろう。

けれど、日本に住む外国人はそうは思っていなかった。これで現地の言葉でメールが打てる、読める。インターネットで検索すれば英語や自国の言葉で操作の仕方や新しい情報などを得ることができると。

iphoneの部品にも多くの日本製品が使われているように日本の技術は言うまでもなく素晴らしい。いろんな製品が多機能であることも素晴らしい。が、足りないのが2つある。


操作性と世界性である。

CM見ていても思うのだが、日本の製品は技術の押し売りなところがる。もちろんマーケティング調査の結果であるのだろうが、一般消費者から操作性と世界性の解はでてこない。

技術を押し売りのではなく、それをいかに中に押し込めて、世界共通の操作感を持った製品は作ることができるか。昔のWalkmanが売れた背景には再生ボタンや停止ボタン、早送り&巻き戻しボタンが世界統一されていたからだろう。


そして、戻って洗濯機。携帯の次のappleの標的は間違いなくテレビ(及びそのリモコン)で、今後将来的に洗濯機にその範囲が及ぶとは思えないが、だからこそチャンスで洗濯機にも日本人、外国人問わず全員が使える、海外にいってもそのまま使える世界性と操作性のある次世代洗濯機を開発してほしいものだ。とりあえず、日本の洗濯機を製造する会社だけでも、入・切とスタートボタンのデザインぐらい統一させてはどうだろうか? 



| From Boss | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
英語が理解できる外国人向け地震対策動画 
お久しぶりです。

タイのゲイ話でアップが止まったまま1ヶ月以上放ったらかしにしてしまいました。なんともお恥ずかしい。

震災でエキスポハウスにも少なからず影響がありまして、日本語がわからない住人さんがパニック状態になったり、放射能などの影響によりキャンセルや急遽帰国することになった住人さんがいました。

そんななか外国人さんたちの混乱状態を見ていて思ったのは、日本人は震災に耐性があるということ。無論、今回は特別大きな震災であったけれど、以前にも北海道南西沖地震、阪神大震災、新潟県中越地震、などコンスタントに災害がある国なのだ。加えて、小学校のころから年に数回地震訓練なるものがある。そういうこともあって、想定外な地震があっても落ち着きを取り戻すのがはやい。

なので、地震の知識が乏しい外国人たちに向けて僕たち日本人が学校でならったようなこと紹介する動画を友人たちと作成しました。

こちら(すべて英語です)



この動画のために、住人さんたちが翻訳及びナレーターをしてくれました。ほんとに感謝。

直接被災者に役立つことではないかもしれないけれど、一人でも多くの人がこの動画を見て少しでも役に立つことを願っています。

PS.京都市地方選挙について。

少し残念だったのが、非常時の最中に行われたこと。非常時で投票率が低くなる理由が個人的にはわからないのだが、現にそのようだったらしい。それでも、大学時代の同級生が市議佐々木たかしが中京区トップ当選したので良かった。議会では暴れまくると言っていたので、数に負けず、既存概念に負けず、突き抜けて欲しいものである。ただ一言言うと(実際に伝えてもいるが)ネットを率先して使っていないので、有効に、大いに使って欲しいものである。彼は「情報公開」が大切と言っていたので、ネットを使わない手はないとは思うのだが、いまのところその気配はないようだ。

| From Boss | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | -
京だんらん 東福寺 & 京都の町内会事情について そして京都党について
(新しいシェアハウスのことだけを書こうと思ったら、とまらずかなり長文になりました。あしからず)

你好嗎?

はい。いま台湾です。今晩からタイ語を勉強しにタイにいきます。

台湾に来る前にハチセさん(京都では超有名な不動産屋)が新しくスタートするシェアハウスを見学しにいってきました。


京だんらん 東福寺


ほんとは2月19日の自由見学会にいければ良かったのですが、その日はタイにいるということで、無理いって事前に特別に見学をさせてもらいました。


まずは写真をどーぞーーー












すごいでしょ? もはやホテル並みですよ。やはりデザイナーさんが入ってすると、こうまでスタイリッシュにかっこ良くなるというのをまざまざと見せられた感じです。まさにここに見学にくるお客さんはまさにテレビでBeforeAfterを見たときのような感覚になるでしょう。



トイレのなかに昔の土壁を残すなんて、いかにもって感じじゃないですか?

これからこういった形のシェアハウスを増やされるということもあって、以前このブログで紹介した こまちや さんにはない、力強さ&戦略性が感じられました。


家賃はうちと比べると約1万円+水道光熱費分ほど高いですが、この空間を求めて入居される人は間違いなくあると思います。加えて交通も便利で、東福寺駅からも近いですし、京都駅からも歩いていけない距離ではないです。


去年、毎日放送の「住人十色」という番組で取り上げられた下北沢pinosのような形になっていく(目指されていく)のではないでしょうか。


ハチセさんの社長の息子さんは小学校の先輩(うちの小学校は1学年1クラスだったので、どの学年もだいたいしっています)で、中学時代は他校としてバスケットボールの試合もしたことあるもの同士なので、これからの京都のシェアハウスを盛り上げていけたらいいですね。

主に関東で展開されているソーシャルアパートメントさんも今春京都に進出されます。

ソーシャルアパートメント 京都

話は少しズレますが、

先日京都の下京区のある地域でワンルームマンションの新築を規制することになりました。それをうけて京都新聞紙上で、京都大学の教授が(名前忘れた)今後はシェアハウスを増やすことも考えていかなければ、、的な(言葉は正確じゃないですが、そんな感じのニュアンス)ことをコメントしてました、、、。

いやいや、、、ちょっとまたれーーですよ。

MR教授さん、一度たりとも京都のシェアハウス事情を調べたことがありますか?少なくとも、あなたがおそらく考えているようなシェアハウスはうちと適合するのだけれど、そして京都にはうちのようなシェアハウスは多くないんだけれど、実際観に行ったことありますか??そこに住んでる人を調査したことはありますか? いかかですか?京都新聞でコメントした教授さん?

シェアハウスだと街並みは同化するし、お隣さん同士の間隔で町内会とも比較的連携しやすいじゃん、いわゆる「無縁社会」をなくすための可能性はあるんじゃん。なーーーんて、考えてコメントされたら幻滅です。

シェアハウスだと町内会の活動に参加する。 。  。


そんなわけあるかぁーーーーーーい!!!


僕はがっつり学区(町内会が集まったのが学区)の役員で運動会など毎年役員として参加していて、うちの住人さんたちともかなり親密に接してますが、4年間この仕事やってきて住人さんを運動会に誘うものの、参加してもらった実績は0です。その他、町内のいろいろな活動を広報したけれど、それに参加したことは一度たりともありません。

だから、シェアハウスが増えようが、町内との関係が親密になるかというとそんな簡単に物事は進まないのです。もちろん、住んでる人または仲介業者によると思いますが、正直な気持ち、誤解をないようにいうと、僕らが老人になるころには町内会はなくなっていると思います。町内会費の支払いはいわば税金みたいなものです。京都に住んでる若い人たちどう思います?? 必要ですか? 何か活動に参加していますか?

いまの町内会っていうのは団塊世代が定年退職してあつまった老人サロンなんです。そんなサロンに若者を号令一つで呼び込もうなんて、無策もいいところ。まずは、どっかのノリノリのクラブだの、若者が集まるところに一人飛び込んでから言ってもらいたい。

もっというといまの学区及び町内会が印籠のように言うのは、地震のほうな大規模災害がおこったとき、救援物資は町内会を通じてくるわけだから、町内会費を払ってないといけないと。

だったら支払った町内会費を、それ以外の経費に使わずその災害用のみにストックしておいてよ。というのがワンルームマンション、それからうちのシェアハウスに住んでる住人さんたちの正直な気持ちです。いっそのことNPO法人化するのが時代の流れというものだ。

で、今回の件はまさに町内会問題が引き金となって新築規制とあいなったわけです。この動きは他の学区でも広がりをみせつつあるようなので、今度京都党で出馬する3人さん宛(@ssktakashi @emurar @MurayamaSeiki)にツィートしたのですが、1人はまだ調査中で。2人(うち大学の同級生含む)は無視されてしまいました。

町内会は京都独特の問題だから何か意見を聞きたいところです。

あと、京都党で出馬されるみなさんへ。

ツィッターされてる方が多いと思うのですが、少なくとも同じ党員同士多くはないですし、全員をフォローしあってはいかがでしょうか? あと、党首の村上祥栄さん。元市会議員、前回の京都市長選出馬など、京都党の中では一番の広報力があるんですし、自分のHP上でつぶやいていないで、Twitterやりましょうよ!!!! 京都党のWeb上でも意見を募集していますが、Twitterするのが一番の双方向になるんですって!!!

京都党はすごく応援していて、議員削減の署名も周囲に呼びかけたのですが、政策の中身、活動仕方が???なところが多い。京都党と既存の党が違うところって議員削減、給料削減だけじゃないの??って気がするし、活動の仕方も若者向けじゃないところがある。前回の公演会(討論会?)だって参加費1万円だったし。。。

地域政党に流れがきてるんだし、もっと活動報告のチャンネルを増やしてほしいものです。


はぁ、、、書きつかれた。

昨日の台湾の天灯のこと書きたいんだけれどな、、時間あるかな。

PS.今晩からタイに行きます。タイで住むところではネットがないので、(facebook, twitter,このブログ)更新ができないかもしれません。海外にいるときくらいは毎日更新したいんですけどね、頑張って通信できるところ探します。


| From Boss | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ