CATEGORIES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< アメリカ旅行 ボストン Day3 | main | アメリカ旅行 ポートランド Day5 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
アメリカ旅行 ニューヨーク Day4
朝5時におきて、South staionまで徒歩と地下鉄でいく。

South stationには電車の駅とそのとなりにバスターミナルがあるのだが、地下鉄からだとまず駅につく。バスターミナルの標識らしきのはほぼ見ない、なぜ作らないか不思議なくらいだ。これから比べると日本は十二分に親切である。何人かに聞いて、バスターミナルへ。(これからボストン観光する人へ、電車のプラットホーム1番を真っすぐいけば、バスターミナルである。)

使ったバス会社はmega bus. BostonからNYまで23ドルだ。友人に教えてもらった会社だが、なかなかいい。Wifi、コンセントもついている。座席の広さも十分ある。



全米に走っているので、高速バス、夜行バスを使う人にはおすすめ。

http://us.megabus.com/


7時に出発して、11時半につく予定だったが、交通渋滞でついたのは1時前。

NYではairbnbというサイトを使って泊まる場所を見つけていた。airbnbは前にも書いた通り、自分の空いた部屋や家、またはソファなどを旅行者に提供する人とそこに泊まりたい人をマッチングするサイトだ。カウチサーフィングを知っている人はそれの有料版と思ってくれていい。

1週間くらい前にブッキングして、泊まらしてもらうオーナーと行き方とかやりとりしていた。初めてのNYでたどり着けるか不安だったが、NYマンハッタンの街はほぼ碁盤の目で、基本的に東西の通りと南北の通り名が番号なので、迷わず彼の住むアパートにいけた。

https://www.airbnb.jp/users/show/8217250


オーナーさんはマットとその奥さん。airbnbの写真のマットはスーツでパリッとした感じなのだが、実際の彼の最初の印象は全身タトゥーで、ちょっとヒッピー的なだら〜とした要素で不安だったのだが、airbnbのレビューにある通り、気が利いてやるべきことはやってくれる人でよかった。





泊まった場所はAstor placeという場所でちょっとした日本町の中だった。マンハッタンの中心近くで、とても便利なところだ。アパートの5階で、1LDKのリビングの大きなソファが泊まる場所である。値段は5500円。ソファで5500円だが、ここはNYなのでこれくらいはする。近くにこの前ボストンにとまった同じ系列のホステルがあったが、そこで45ドルくらい。ちなみにこの1LDKで1ヶ月の家賃が2000ドル(約21万円)である。アパート自体、古くてボロいにもかかわらずだ。

1時すぎに元住人さんと合流。となりの街のNew Jersyから電車で2時間かけてわざわざ会いにきてくれた。ありがとう!!元気そうで何よりだ。いまは日本語の翻訳の仕事をフリーランスで働いている。2、3年前うちに住んだときは翻訳はおろか日本語がぜんぜん話せなかったのに、それと比べると驚きの成長である。

NYの街を地下鉄と歩きでぷらぷら〜

まずはウクライナ料理で腹ごしらえ


ボルシチ


ピエロギ

その後、マンハッタンのいろんな場所を歩きまくった。


週末開催されるスーパーボール(アメフトの決勝戦)を盛り上げるための施設


元住人さんと


GEの本社


グランドセントラルステーション。今年はできて100周年


St Patrick 大聖堂


国連ビル、いまちょっと工事中。


コリアタウン


マディソンスクエアガーデン。NBAニューヨークニックスのホームコート。地下がペン(ペンシルベニア)ステーション。アムトラックとか、ニュージャージーに行く駅がある。

最後は居酒屋で!元住人さんが懐かしいといいながら、嬉しそうに食べてたので良かった。日本人が経営してるみたいで、メニューはほぼ日本といっしょ。味も美味しかった。値段も2人でたらふく食べて、飲んで80ドルだったので、そんなに変わらないが、20%くらいのチップを払わないといけないので、その分少し高いかなという感じだ。




チップについて。
アメリカではマクドのようなファーストフード、またフードコートでない限りすべてのお店でチップが必要である。(ファミレスでも)自分が留学当時は高校生だったので、クレジットカードでチップを払ったことはなかったのだが、今日初めてカードでチップを払った。

どうやって払うのかというと、

(アメリカのレストランではレジに行って支払わない。席で支払いもすます)

1 まずウェイターに支払いの意思を伝えるか、料理がすべて出終わったらレシートがテーブルにおかれる
2 クレジットカード挟むか、レシートの上に置く
3 レシートが戻ってくる。支払った額とその下にTipsとかかれていて、その横が空白になっている。
4 自分で支払うTipsの額を書く。チップの額は約20%を基準に、サービスが悪ければ15%前後、良ければ20%以上。

明日は13年ぶりに、2年間住んでいたポートランドに帰る。楽しみだ。
| 2014 America Trip | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 02:22 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/251
このページの先頭へ