CATEGORIES
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 台湾是台湾 (台湾は台湾) | main | 男性の為の結婚式 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
英語のススメ アジア語のススメ
先日、グーグル元副社長の村上氏の講演会に行ってきました。

その中で彼が言われたことを英語の重要性。英語の重要度は益々増え、これからは英語ができる人とできない人で世界が二分されるだろうと。そして、それ身につけてない人はハイリスクな道を選んだということになると自覚しなくてはいけないと。その為には米国に留学するのが手っ取り早い。そうでなければ、1日3時間、3年間必死に勉強すればなんとかなると。

ちなみに村上さんが本格的に英語の勉強をされたのは、31歳からだそうだ。英語学習のHow to本も出されている。


これについては文句なく賛成。


ぼくは、それを飛び抜けてアジアの言葉を習うべきだと提唱したい。


どんなマイナーな言語でもいい。


アジアにおいて富裕層は3カ国語しゃべるのは普通である。それこそ日本に住んでるアジア人と話ししてみるといい。そのアジア人が日本語が話せれば、母国語と英語をあわせて3カ国語を話せる人は少なくないはずである。


問題は、社会人が今から語学勉強を初めてそれが経済的に役に立つのかということであろう。いま実際に英語もアジア言語も使ってない中で、それらを学習する必要性にも迫られない。


それでも生きていける状態であるのが、日本の大きな問題で経済が停滞する一つの一因でしょう。


日本経済の停滞に一撃を食らわすってことで勉強する人はいませんでしょうからね。


| From Boss | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 02:03 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/220
このページの先頭へ