CATEGORIES
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 10&11日目 タイの歴史 | main | 英語が理解できる外国人向け地震対策動画  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
タイ 12日目 ゲイさんからのタイ式マッサージ(*_*)
タイ 12日目 ゲイさんからのタイ式マッサージ(*_*)


もーーー何から書いていいやら。タイマッサージ店で強烈な体験をしました。

とりあえず、鮮明に憶えているうちにブログに書いておく。

ただ、先に断っておくが、これでタイが嫌いになるとかはない。

むしろ、面白い国じゃないか!となった。(もう一度経験したいかと言われれば断固お断りだ)

経験として良かった。話のネタ。


よしっ、書こう! 書くぞーーーーーーーー!! 心して読めぇぇぇぇぇぇ〜。


今晩は友人がムエタイに連れていってくれる予定だったが、木曜日はやってないらしく土曜日に延期になった。

なので、この3日間はあまり出歩かなかったので、一度行ってみたかったタイ古式マッサージに行くことにした。

日本では普段マッサージ店には行かないが、多くのタイ人からyou should try it! 
と言われてたこともあって、何事も経験なので期待して意気揚々と向った。

雷と雨がすごかったので、住んでるところの前のマッサージ店に行くことに。

近くには大きなホテルがあり、観光客を目当てに商売してるということもあって、
料金も店頭に掲げられてて雰囲気もなかなか良い感じな店である。

(店頭の写真もあるのだが、このお店の名誉の為に載せないことにする。)


お店の前では、中国人がオーナーさんなのだろうか、中国系のお供え物や飾り物がしてある。

店内に入る。

メンソールの香りとリラックスした音楽で包まれている。

西洋人カップルが気持ちよさそうにフットマッサージを受けている。

おぉぉぉぉ実に気持ち良さそう、あまりに気持ち良さそうだったのでフットマッサージにしようかと思ったが、
ここはタイ。

やはり本場の古式マッサージをしないと意味がないだろう、というわけで1時間のコースを注文
(150バーツ+チップ50バーツ。約600円)


お水とおしぼりが渡される。

ハーブの香りのするお湯に足をつける。

スリッパに履き替え3階へ行く。


3階ではカーテンで区切られた半個室が並んでいる、平日の夕食前という時間帯ということもあってか
他には誰もいなかった。

奥の部屋へ連れられる。

男2人畳1畳半ほどの空間で過ごすのは変な感じである。

ちなみにこれから僕をマッサージ&不思議な体験をさせてくれる兄ちゃんは、
肩にタトゥーが入ったかっこいい系の兄ちゃんである。

マッサージの前にマッサージ用の服に着替えるよう言われる。

その服に着替える。

着替えるのだが、ズボンが大きくどこでどうやって結べばいいのかわからない。

その時のタイ古式マッサージのイメージは、プロレスでいう関節技をかけるようだったので、
きっちりしばらないといけないと思い、兄ちゃんが頃合いをみて来てくれたので、結び方を聞いた。

(ズボンは履いた状態)結び方を教えてくれと仕草と英語で伝える。

兄ちゃんが英語で何かをしゃべる。。


うん?よく聞こえない??

もう一度聞く。

If you don't need, you don't need to wear it (ズボンを履きたくなければ、履かなくてもいいよ)


いやいやいやいや、またまたジョーダンを〜〜〜。


お互い顔を見合わせて笑った。(いま思い返せばそのときの兄ちゃんの顔ちょっとマジだった。)


ともあれズボンを紐を結んでもらって、きっちり履く。

さて、いよいよマッサージだ!!!

ワクワク

(この時はこれからゲイさんからマッサージを受けるとは思ってもいない)


仰向けになり、まず足の裏から始まる。

そして、すぐ左足全体のマッサージが始まる。

開始して、3分か4分たっただろうか。

少し様子がおかしいと感じ始める

左足全体をマッサージしているのはたしかだ。


が、かなり股間に接近した部分、左足の付け根付近まで揉まれる。

それが一回きりというわけではなく、つま先の方に行って折り返しで何回も戻ってくる。


股間付近にくる度に、単純にこしょばいのとこの体験をどうやってブログに書いてやろうかと笑いそうになる。

(誤解しないように気持ちいいとかじゃなく、これはブログに書いてやるぞ−ーという、
良いネタになる笑いである。そのときはまだ余裕があった)


彼の顔を見る。

実に真剣に揉んでる。

股間に近づく以外は問題はない。

左足全体を揉まれる。

腕の一部が股間にあたったりするものの手が直接股間に行くことはないので、
そういうもんかと思って引き続き彼のマッサージを見守ることに。

20分くらいたっただろうか、次は右足。

もう足は十分で、どちらかといえば腰と肩をして欲しかったが、そんなことは言えず。やはり右足へ。

右足も左足同様にかなり股間の付近まで来るときがある。

その度に笑いを吹出しそうになる俺。


遅まきながら、この時にはこの人はゲイさんということが確信に変わる。


それでもマッサージをやめてもらうわけでもなく、最後までこのマッサージを全うしてみようと思う俺。


こそばゆい感情をと彼のオーラを股間に感じながら、これをどのようにブログに書いてやろうかと考える俺。


(いま思えばそんなこと考えてる時間があれば、そういう意図はないときちんと伝えるべきであった。)


右足は15分ほどで終わる。

さぁ、もう股間にくることはないだろう。次はうつ伏せで背中を揉むだろう、
股間付近に手がくることはないはずだと期待する俺。

が、次はお腹を揉まれる。




お腹???



変な感じがした。





あれ?





お腹からまたもや股間付近まで揉んでくる。






あれあれ??(この間30秒ほど)




当初は服の上からお腹を揉まれていたが、服の下に手が行く。




あれあれあれ????




これはヤバイ。



一瞬にしてスクラブル警報がなる。



これは断ろうと思ったいなや、




彼の手がズボンとパンツにかかり、脱がそうとする。





NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOH!!!





今年で一番のNOを叫ぶ!




にやつく彼。




何が起こったのか、脳が真っ白になる。



いかんいかん。


少し間をおいて、きちんと断る。





OK、OKとうなづく彼。



そして再び腹を揉まれる



数秒後







お腹にキスされる



NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOH!!




怒りを越して笑いになる。


ショックと、この運命とこの出会いに笑いがとまらない。

最初に行ったタイのマッサージ店の人がゲイなんて、、、いやむしろこれがタイでは普通なのか? 

タイの友人たちはこれを知ってたわざと薦めたとのか???もしくは誰かからのドッキリか? 


いろんな思いが一瞬にして駆け巡る。


ブログのことなんで吹き飛んでしまっている。


っていうかそんなことを考えてる場合じゃない。


この彼を説得しなければ。

再度、そういうつもりで来てはいないときちんと断る。


今度は彼もわかったみたいで、うつ伏せになる。


背中を揉まれる


彼の股間があたってるのが感じられたが、まーそれくらいいいだろうと許してやる。



5分くらい揉まれる。



耳元で何かつぶやかれる?



えっ何??


彼は言う


なんとかfor free


何が無料かわからないが、もうこんな体験これ以上結構なので「断る。」と決める。


けれども、彼の意図を聞き取りたかったので、再々度聞き返した。


不敵な笑顔で彼は言い放った




suck is for free !(意味がわからい方は、ぐぐってください)






今回はさすがに身の危険を感じて、うつぶせ状態から起き上がって彼から離れた。



コヤツしぶとい



互いに向きあう。


どう伝えればいいかと思ってたら、彼から3度目のわかったサインが。

信用ならんかったが、どこから来たのかと会話(英語)を始めたので、習い始めのタイ語で応える。


そうすると驚いた表情を見せ、シンプルなことを1週間習ったタイ語で会話する。


おおおぉ通じる! すげーー俺。って思う俺。
(はぁぁ、身の危険はどこへやら、俺の脳みそってつくづく単純だ)


その後、彼からの攻撃はなかった。


1時間がたった。


身も心も疲労困憊になった。


彼から笑顔で送りだされた。


タイに来てゲイさんには出会ってなかったが、まさか初めて出会ったゲイさんとこんなにも濃密な時間を
過ごすとは思わなかった。


ドアを開けると店名が書かれたボードが店先にあった。



Magic Hands -King of Massage-



黒魔法からなんとか生還できたとさ。




おしまい。




<あとがき>

なんというか、いい話のネタを体験させてもらったという感じです。
ほんとにまさかまさかの出会いでした。ゲイさんがマッサージ店にいるなんて完全にノーマークでした。

何度も言うようだけれど、こんな経験をしたからタイやゲイを嫌いになったということはない。
むしろThai is fun, Life is funである。

ちょっとしたきっかけが思いがけない出会いや体験へと連れて行ってくれるということが改めてわかった。
もし、昨日一昨日同様に部屋に閉じこもりきりだとこんな経験は味わえなかったであろう。

そういう意味でこの体験は非常にポジティブに捉えている。(確認しておくが、ゲイに目覚めたとかではない)

これを読んでさぁタイ式マッサージに行こう!という人は少ないと思うが(笑)
みなさんもぜひ体験してみてくださいな。きっと全部がこんなお店ではないはずです。そう信じたい。

最後に、誰かちゃっとしたタイ式マッサージ店があれば、教えてくださいな。このままで終わりたくない。
ちゃんとしたタイ式マッサージのお店に行きたいです!!

| Thailand Trip | 02:13 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 02:13 | - | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/03/15 11:40 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/06/10 12:20 AM |









http://expohouse.jugem.jp/trackback/214
このページの先頭へ