CATEGORIES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 2011 平渓天灯フェスティバル | main | タイ初日 あやふや計画が好きなんです。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
台北からバンコクへ
(このブログはネットがつながらなかった関係上遅れてアップしていません。毎日、ブログを書いてはいるので、これから逐次アップしていきます。最初のうちはタイムラグがありますが、ご了承ください。)

2月18日 台北からバンコクへ

羽田からマレーシアまで片道5000円(バーゲンセール)売り出したことで日本でも有名になったエアアジアを使っていきました。

200席が8−9割埋まっていたと思う。日本人は少なかった。ほとんどが台湾人。

どうやら台湾までジェットスターで行きその後エアアジアでバンコクに行くルートはあまり知られていないようだ。おそらく難点は台湾に滞在したい人にはお得だが、したくない人にとっては乗り継ぎ時間の関係上、台湾に最低でも一泊しなくてはいけないため余計な時間と費用がかかってしまうのだろう。あと、まだ知られていないというのもあるだろう。

ちなみに僕が今回費やしたチケットの値段(すべてコミ)は、関空−台北が25491円(往復) 台北−バンコク 約27000円(台湾ドルの決済であったためおよその金額)(往復) 

時間は関空から台北が片道約2時間 台北からバンコクが3時間半

ちなみに僕がタイ行の直行便の飛行機をとろうとしたときは、いろいろ調べたが6万5000円以上だった。

エアアジアの乗り心地はTVや他のブログにかかれているとおり、値段相応です。座席がせまい。サービスは注文制。(チケットを予約する際にオーダーもできる。)

時間的に関空から台北の2時間は余裕。むしろご飯なんていらない。台北からバンコクにいったときは、ちょっとしんどかったかな。

おそらく比較的体の大きい僕にとってはいまのローコスト飛行機(以下LCC)に乗るのは4時間くらいが限度かもしれない。日本−タイは5時間くらいなので仮にLCCが就航したとしても、うーんどうだろう。。考えてしまう。。。安いのに越したことはないし、、勢いで1回は挑戦するかな。

今年はANAの系列がLCCを就航するようなので、日本でもいよいよ格安航空戦国時代に突入してきた感じですね。国際便でアジア勢LCC&JetStarに勝つこと難しいだろうけれど、まずは
しっかり関空を中心に(ANAのLCCは関空を起点にするそうです)活動して、ゆくゆくはエアアジア(本拠地マレーシア)のように日本以外の空港から空港へと飛ばせるようになることを祈っています。
| Thailand Trip | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 16:41 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ