CATEGORIES
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 寄付のタイガーマスク効果 | main | いちご狩りにいってきました〜〜〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
就職活動について一言 2011
最近テレビ、ネットで就職活動についてのことが騒がしくなっているので、今年も一言書いてみようかと。

自分の過去ログを検索してみると、就活についてけっこう記事にしていることに驚いた。

就職活動がうまくいかなかったあなたへ

海外好きです。半分くらいにおいては

就職活動について一言


僕も就活に失敗して自衛隊に入隊したので、その分思い入れは強い。ただ、自衛隊に入隊できたのはすごく良かった。あの濃密な2年間はいまでも糧になってるし、現在でも即応予備自衛官として年間30日通っている。

さて、就活。

これは、現状では各大学の中に就活学校ができてるのと一緒である。

大学の授業とはまったく全然関係なく、その「活動」の方法、HOW TOを習う。How to 面接。 How to 自己分析。すべての大学名に就活をつけてもおかしくないくらいだし、なんなら3分の1くらいの単位をそれにつけても現状としては問題ないであろう。

最近知って驚いたんだけれど、リクナビやマイナビで大学によって検索される企業数が違うのだそうだ。僕は銀行を中心に探していたので、学歴差別があるのは知っていた(〜大学の人はこちらの受付で、、みたいな)ので、当時でも少し考えれば当然といえば当然なのかもしれないが、、。それでも、最近はAO入試やなんやらで勉強しなくても比較大学が簡単に入れるようになったから、学歴=優秀ということが判断できなくなっているそうな。

池田信夫:就活の映す「泥船化の日本」


池田さんは最後に優秀な若者は海外に、と述べているが、優秀であろうがあるまいが、いや優秀じゃない人ほど海外にいった方が良い。

何度も過去の記事で書いてるが、大学に4年間いって、就職もなく、大学院にも興味がなければ、1年間ほど海外で暮らせばいいのだ。そして、そこの言語を覚える。友達を作る。チャンスがあれば彼氏・彼女を作る、仕事を得るのだ。

人と比べるわけじゃないけれど、僕にとっては上記のことができる人の方が魅力的だ。安定しているであろう大企業にいってレールの惹かれてそうな将来に向かって使いきることもないお金をもらってる人たちより、キラキラに輝いて見える。

たしかに彼氏・彼女は作るのは難しいが、日本人女性であるならばそんなに難しいことはない。恐らく世界中のほとんどの場所で選べる立場に立てるであろう。勘違いしないで欲しいのはこれは事実であるし、日本人女性であることの長所である。残念ながら、ドラマおしんの影響もあってか日本人男性の人気は低い、また日本人男性自身も、外国人女性を彼女の対象としていないことがほとんどであろう。ただし、付け加えると国際結婚の件数だと男性の方が女性より圧倒的に多い。<国際結婚統計>調べてみなければいけないが、男性のケースの場合だと少し年取ってから仲介業者経由での結婚の場合が多く平均年令は高いはず。

仕事でいえば、東南アジアだと日系の企業も多く見つかる可能性もある。ただし、収入は現地の平均であるため日本に比べると低くなる。でも、その国で生活できるお金さえもらえればいいんのではないかと。独身男性だったら生活するのにそんなにお金は掛からないでしょう。日本でも僕の友達の独身男性はけっこう貯金しているはずだ。若いときは貯金するより未来に投資する方が2万倍大事だし、現地で働き先を見つけることができればとりあえずは社会人の中でもいいスタートラインに立っていると思って問題はない。


僕がなぜ海外に行った方がいいかと言うと仮に上記のことが出来なかったとしても、語学と友達さえできるようになれればその後大きな財産になるということだ。昨今、facebookが世界中で広まったのもあって、一度海外で友達ができればその後も緩やかな関係が続くので、それはのちのビジネスに繋がる可能性だってある。少なくとも他の人とは比べてエッジ(尖った部分)になる。


行く国ははっきりいって自分の行きたい国にいけばいい、ただし、英語圏はおすすめしない。英語を覚えたところでどうしようもないからだ。いまさら覚えたところでライバルが多すぎるので、役にたたない。それでも英語が話せないので、話せるようになりたいと思ってる人はオンラインの学校(毎日授業で月5000円〜)があるので、そこで十分である。
どんな人でも英語を6年以上は勉強しているので、会話なんてちょっとやればすぐに話せるようになる。それでも綺麗な英語(オンラインの学校はフィリピン人系がほとんどなので)を学びたいって思ってる人はご自由に。。


結局、過去の書いたことのおさらいになってしまったが、日本から海外を見ている海外志向ではなく、一旦先に海外にどっぷり使って、逆に企業に海外紹介できるようになれれば日本企業に就職できる道にもなるのではないかと。


PS  受け入れ態勢がきっちりしてるのもあって、オーストラリアにワーホリで行く人が多いが、受け入れ態勢があるって結局は一流企業に行くほうが安定してそうだからっていうのに似ている。行って周りと似たような経験して、結局その経験はどこにも使えずじまいで終わってしまうように感じてしまう。別に好きで行ってるので文句はないのだけれど、「ワーホリ」をメインに考えてるんだったら、もうちょっと別の国も選択肢にいれてもいいかと。最近は、台湾、香港など中華圏も増えているので。

PS2 幾つになっても語学を勉強することは大事ということで、中国語の次はタイ語を勉強しにタイにいってきます。そう、タイにスタディトラベルしてきます。住む場所を探していたら、以前うちにホームステイしてきたタイの人がアパート?別荘?があるらしいのでそこに住むことになりました。YEA!!! 2月中旬以降のブログはタイ一色になると思うのであしからず。

| 就職活動 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 18:22 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/197
このページの先頭へ