CATEGORIES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 混乱LOVER | main | 寄付のタイガーマスク効果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
あけましておめでとうございます。
正月なんで今後の目標的なことを書こうと思ったけれど、まぁいつもどおり思ったことを書きます。

保証人について。

先日、うちに住んでる住人さんが一人暮らしをするということでアパートを契約してきた。エキスポハウスからもそんなに遠くない場所だったので、勉強として契約書を見せてもらった。

ご時世を反映してか、礼金も敷金もなしだ。しかも最低契約期間にしばりはなく、退去する場合は2ヶ月前に連絡でいいのだ。(解約月の家賃の日割り計算はなし)

印象としてはずいぶんフレキシブルになってきている感がある。不動産会社に勤務したわけでもないので、過去と比べることはできないけれど、友人たちや住人さんたちから聞いてる感じだと、最低1年か2年以上すむ必要があるのがほとんどだ

まー、もっとも大家さんからすれば入ってもらわなければお金も入ってこないので、数ヶ月単位で貸すことは一つの選択肢として当然あってしかるべきなんだろうけれど、別の思いとして「変な」人をいれたくないというのがあるから、学生でもない、会社勤めでもない数ヶ月ででていくような人をいれたくない。不動産会社も「変な」人をいれると面倒だからいれたくないというのがあって、年契約は当然のものとしてあった。また、数ヶ月で回すということはその分、いろんな人が入るわけでいろんな人が入るということはその分「変な」人とあたるリスクも高くなるというわけだろう。


そして、そのリスクを軽減させたのが「保証会社」。いまとなれば当然のごとく入らされる保証会社だ。これの一番のメリットは仮に家賃がトリッパぐれになっても、代わりに補填してくれるということである。


シェアハウスでは保証人はとっていないが、保証人がいない代わりに保証会社に頼むというのは理解ができる。

ただ、それはあくまでも保証人がいないから保証会社なわけで、いる場合だと保証会社は必要ない。

というのが、筋だろう。

だが、現状は違う。

仮に保証人がいても保証会社をつけなければいけない。(もちろん保証会社に対する費用は発生する)

僕も事情があって親に頼めない友人の賃貸の保証人になったが、それでも保証会社はつけていた。というかその保証会社の保証人になった。

つまり保証会社は絶対につけなくてはいけなくて、その保証会社は担保として保証人を要求しているのである。もし保証人がいない場合は、その分費用は請求される。

これってすっごく腑に落ちなくないですか?

みなさんこんなこと深く考えてやっていないだろう、これを外国人からみると過剰と感じるだろうと思う。


ほとんどの人たちは家賃をきちんと払っているわけで、一部の「変な」住人さんがいるためにこういった風になったのだろうけれど、それが過剰すぎるのだ。


今回の住人さんも同様に保証人+保証会社を求められていたけれど、もう一人保証人をつけることで保証会社をつけなくてもよくなったそうな。



必殺!ダブル保証人




馬鹿らし


もっと保証人つければ大家、不動産会社は安心するのであろうか。そもそも悪意を持った住人だったら、保証人なんて何人書かせたって一緒である。



PS  ここでいう不動産会社は、管理会社です。

PS2 過剰で思い出したけれど、梱包も過剰すぎる。
| - | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 03:26 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/194
このページの先頭へ