CATEGORIES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 大阪女性は好奇心と可能性にかける!! | main | Candle Night!!  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
すごいぞ!長島リゾート!!
この前の日曜日、住人さんたちと長島リゾートへ初めて行ってきました!

これはイイですよ。

何がすごいかっていうとトータルでいいんです。

僕達がいったのは3つ。

長島スパーランド
湯あみの島(スーパー銭湯)
なばなの里(普段はフラワーパーク、夜はそこをライトアップ)

恐らくどれか一つだけだと納得はするが満足するまでにはいたらなかったはず。

すごくいいなと思ったのはお得感を売りにしたプライシングをなってるところ


長島スパーランドの値段

入園料+乗り放題で4100円。(入園料だと1600円)

湯あみの島

700円

なばなの里

2000円(1000円の園内で使えるクーポン付き)

これが

長島リゾートの会員になると

入園料+乗り放題が3700円(カード提示で5人まで3700円)なばなの里が無料(カード提示で3人まで無料)そして駐車場無料がつく。

この会員になるのは2万円分の長島リゾート内で使えるクーポンを購入するだけなのだ。京都からだと2時間もかかるので年会費だと入るのを少しためらうのだが、これだと大人数でくる者としてはすごく助かる。しかもこのクーポンには湯あみの島無料券もついているのだ。

つまりは、会員になると長島スパーランド・湯あみの島・なばなの里がすべて3700円でいけることになる。

今回8人で来たのだが、4万円分のクーポンを購入することで2人が会員になり、それを8人で分け(一人5000円)そこから3700円(入園+乗り放題)支払った。

そして、1300円のクーポンが残るのだが(正確には500円の金券なのでそうならないのですが、)遅かれ早かれ園内で使うことになるので、長島リゾート側からすると一人最低でも5000円を費やすことになる。


でも、顧客側からすると昼飯か夕食はどっちにしろ園内で食べることになるので、5000円を支払ったというよりも3700円を払えばすべて湯あみの島となばなの里が無料で行けるというように感じる。


一言で言えば家電のポイントシステムとよく似ている。


それをこのようなリゾート経営で実現していることが、ハウステンボスやレオマワールド、フェニックスリゾートなど他の倒産した遊園地と比べてすぐれているところかもしれない。


このリゾートを1つ1つの単体で見ていくと

長島スパーランドは△(大きな乗り物としてホワイトサイクロンとスチールドラゴンがあるのだけれど、もう一つ大きな乗り物がほしいところ。ただしスチールドラゴンは友人やネットの評判通り面白く、何度も乗りたくなった。)

湯あみの島は◎ (おそらく近畿、中京で一番大きな露天風呂ではないのかな〜。外を裸で歩き回れるほど広く露天風呂もたくさんあるので面白かった。)

なばなの里は○ (期待していって、期待した通りだった)


恐らくだいたいの人がこんな感じの意見になると思う。なばなの里と長島スパーランドを比べても(広さ&営業時間が違うので単純比較はできないが)なばなの里の方がたくさん観光バスも来ていて、年齢層も幅広く受け入れられていた。

ここでの最大のお得感は湯あみの島となばなの里には直接的に支払っていないということ。スパーランドにはちょっと期待はずれなところがあるが、むしろ他の二つが無料になるなら悪くはないと思えるし、逆に二つが無料であるならばスパーランドに3700円を支払うのも納得ができる。

お得感たっぷりの長島リゾートにみなさんもぜひ。今回はいけなかったけれど、アウトレットモールもありますよ^^









ではでは。



PS.リゾート経営でのキーは話題作りとファンづくり。ゲストハウスともよく似ている気がする。口コミマーケティングはかなり強力とつくづく思う。ちなみに今回は友人たちからなばなの里がすごくイイというのを聞いて企画したものでした。


| From Boss | 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 15:35 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ