CATEGORIES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ハーバード白熱教室 | main | デフレの正体 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
ライフネット生命 出口社長
昨日ライフネット生命出口社長の講座にいってきました。

なんでそういう機会があったかというとたまたま募集のサイトを見つけてそれが京都でやるということだったので、応募していた。

講座の内容はイスラムについての歴史。

イスラムにももちろん興味はあったけれど、いまをときめくネット生保の創業者でもある出口さんに会って話しを聞きたいというのもあった。

先月、うちの大学の元学長や副学長にインタビューする機会があってそこでいいなと思ったのは、話の中身事態も面白いのだけれど、そういうトップに立たれている方はまた別の分野でトップに立たれている方や著明な方と交流があるので、僕がまた別の著明な方とあったときに、もしつながっていれば何か話すきっかけにもなるし、顔も覚えてもらえやすいということがわかった。

だからこれからも多少ミーハーながらも有名な人と会う機会があればガンガン会って、話して、写真をとろうと思います。


出口さんと。

さて、出口さんの講義は、とても話を聞くだけでは企業の社長さんとは思えないほどイスラム専門の学者なみに詳細でどんな細かな質問にも丁寧に回答されていた。

僕が印象に残ったことは、宗教も国も閉鎖性のなかでは発展しないとおっしゃられてこと。イスラムが今日の広がりを見せたのは、同じ神を信じるキリスト、ユダヤ教に比べて寛容であったことおっしゃったことだ。

イスラム教というとあながち豚を食べてはいけないだの、毎日崇拝しなくちゃいけないだの、女性は顔隠すだのいろいろと禁止事項があって特に日本人にとっては堅苦しい宗教と捉えがちであるが、それはたしかにキリスト教も同じ側面を持っていて僕が通った米国の高校はベジテリアンの高校でカフェのご飯はベジフードしかなかったし、ただ、そういったなかでも肉をガツガツ食べてる友達はいたし、大学時代のインドネシアの友達なんかも崇拝している人なんてごくまれだった。

僕の今日の講座で理解して重要と思った点は2つ。

1つ。イスラム教の開祖であるムハンマドは商人出身であったため、合理的に考えられ、いくつかの禁止事項さえやらなければあとは非常に寛容であること。

1つ。開祖されてから、コーラン(聖典)ができるまでが非常に短かった(約20年)ので、キリスト教や仏教ほどいろいろな宗派ができなかった。ちなみに仏教には聖典がないし、キリスト教は聖書ができるまで数百年かかっているそうな。よってその聖典がない期間が長ければ長いほど、宗教の種類は増えまとまりはなくなる。

開祖が商人あがりというのは大きい。たぶんこの点だけで、いま今日のイスラム教の広がりが納得することができる。商売上手なセールスがしやすい宗教であるといってもいいかもしれない。

このブログ読んでイスラム教の話題や、イスラム教徒の方と話す機会があればイスラム教はすごく寛容な宗教で、商売上手な宗教という認識を持って話されて「おそらく」間違いないです。(商売上手は僕が感じたことなので、「おそらく」です。)

飲み会の席で、みんなイスラム以外のことについてもいろいろ聞かれてたので、僕もいまの研究テーマである移民について聞いてみた。

移民を受けなければ日本は成り立たないと即答された。いま尖閣問題などもあって日本では排他的な思想に傾いているけれど、排他的な国に発展はないと断言された。

なるほど、江戸時代には日本に(世界的に影響を及ぼすような)発展はなかった。中国も4大発明を起こしたものの17世紀を超えて世界に轟かすような科学技術の発展はなかった。

うん。大いにうなずける。こう行った大きな視点の中で物事を捉えるとおのずと解決されるべき道が見つかるのがよ〜くわかった。

移民について友達になげかけると、単純に毛嫌いする人の他にちょっとした知識がある人はヨーロッパでの移民問題を取り上げる人がいるが、はたしてそれは何年単位の問題なのかという点も考えなければいけない。50年後、100年後その移民政策は間違っていたといえるのか。


本たくさん読もうっと。



PS1.最近、坂の上の雲を読み始めたのでそれについて感想を聞くと、司馬遼太郎の小説は清涼飲料のようで美味しい(読みやすい)けれど、事実に基づいていないから、何も残らないと言われた。幕末史、昭和史を知りたいなら、半藤 一利の著者を読むべきと言われました。早速アマゾンで注文したので、読んでない方はぜひご参考に。

PS2.僕の親しい友人はTwitterやブログもほとんどしていないので、この講座に来られた方はされてる方が多かったのでうれしかった。これからもよろしくです。

| From Boss | 03:03 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 03:03 | - | - | -
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/04/28 8:13 PM |









http://expohouse.jugem.jp/trackback/187
このページの先頭へ