CATEGORIES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 14日目 いまバレイが熱い! | main | 16日目 こうなりゃとことん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
15日目 台湾ですき焼きをつくる
さて、今日は何もない日。

何もないので、何かすることに。

日ごろホストファミリーにはかなりよくしてもらってるので、日本料理を作ってごちそうすることにした。

当初はお好み焼きを作る予定だったが、材料を買うときに何かいまいちしっくりこなかったので、すき焼きに変更。

てっとりばやく、美味しくつくりたいので、すき焼きのたれを購入。

これさえあれば失敗はなく、かつうまい!








あと、ホストマザーの要望にこたえて出し巻き卵をつくることに。

台湾のコンロの火力は強いので焦がさないように、強火ですばやく焼く。




完成。


子供のころ自分が料理できるとは夢にも思っていなかったけれど、やってみると大したことではないものである。僕のなかでは、料理のしんどいところは継続性である。一度、留学生を受け入れたことがあって2ヶ月間ほぼ毎日夕食を作ったことがあるが、あんときは少しきつかった。


外見から料理できないと思われてたのか、どうかは定かではないが、ホストマザーからはすごく褒められた。

「いままで日本人の男の人料理してるのみたことない、私の旦那さん(台湾人)も料理できない。すごーーい!!」っと


大したこともしてないのに褒められるのが少し気がひけたが、否定することでもないので遠慮なく受け取ることにしよう。

というわけで褒められるのが好きなので、日本料理の家庭料理(?)を希望の台湾の友達のみなさーん。ご連絡お待ちしております。どこへでも作りにいきますよ。(笑)



けれど、相変わらず日本人男性評価は悪い。少なくとも僕の周りの日本人男友達は料理ができる。顆粒の出汁からではなく、カツオや煮干しから出汁をきちんととったりするなど、ぼくよりも強者ばかりである。

それでも、僕の場合は(基本自分の食べるためには作らないので)ゲストハウスがあってこそのいまがある。料理をすることに躊躇うことなくできるようになったのも、仕事のおかげ、うちに住んでくれる人がいるおかげである。

周囲の環境が自分を大きく変えていってる。

いまから思えば自分自身のみで出した決断なんてない。様々な人、経験がいろいろ重なりあって自分が形づけられている。

もし、自分自信が何か変わりたいときは周りを変えてみるというのも一つの手かもしれない。


<今日の食事>

朝食:写真なし。


昼食:超豪華!!

夕食:上記

<今日の飲み物>

今日は家の近くでいつもいっているお店(チェーン店。名前は橘子工房)を見つけたのでそこで購入


義式鮮桔茶

うーーーん。これはいまいちかな。梅ジュースが若干入っているのが、あまり好みではない。夏のときには塩分がとれていいかもしれない。


PS.台湾のフライパンは総じてでかい!



PS2 ニトリ発見!!




| Taiwan Trip | 04:32 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 04:32 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ