CATEGORIES
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 7日目 | main | 10日目 為什麼我這麼愛台灣? なんでこんなに台湾を好きになったか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
8・9日目


今週末は台南&高雄にいってきました!!

結論から言いましょう!!

ますます台湾を好きになりました。


まず、昼に台南に到着を目指して9時ごろに家を出発。高鐵(いわゆる台湾新幹線)で行ったのだが、日本の新幹線の駅の場合、在来線と一緒の駅もしくは在来線の駅から2,3駅くらいのところにあるが、台湾ではそうではない。





新幹線の駅から在来線の駅までが遠い。。。台南の場合だとバスで50分くらいかかる。(バス待ちもいれると1時間と少し、バスは無料)感じとしては日本の空港をイメージしていただくといいかもしれない(日本の空港って都市部から遠いでしょ)。

結局なんだかんだして、板橋駅(台北駅の次の駅)から台南の市内まで2時間半(新幹線1時間半バス1時間)ほどかかった。


たぶん、新幹線を市内までもっていっちゃうとコストがかかるんだと思う。新幹線も在来線同様に安価で提供するためには、初期費用はかけれなかったんだろう。日本の新幹線って高いでしょ。あれは、初期費用分のコストも見込んでるんだと思う。台湾では1時間半のっても1100元(約3500円)なのだ。



(周りに建物らしきものは何もない)



で、台南の高鐵の駅からバスで台南駅に1時ごろ到着。




ホストマザーにホテルを予約してもらってあまり自分で調べなかったので、さて探そうかなと思ってると目の前がそのホテル!


鉄道ホテル



ホテルの従業員の人と拙い中国語でやりやあうとするも、あっさり英語をしゃべられ3時からチェックインということがわかった。

その後友人と会って昼食へ



台南史跡巡り



冬瓜茶 最高!めちゃうまくてめちゃ安い!!



豚を発見!



台南の史跡巡り



台湾のスタイルで祈ってみる



夜からは別の友人と合流


成功大学の内の史跡を散策した後、原付で夜の海にいくことに!!!



YEA!スクーターに乗ったぜ!!


まさか台南でスクーターに乗れるとは思ってもいなかったので、うれしかった。


2日目は高雄


昨晩にあった友人が高雄を案内してくれた。


うーーん、こんなにもすべてのことがうまく進んでいいのだろうかと思ってしまう。。。でも、実際にそうなってるんだから、きっちりと接待を受けようではないかと開きなおることにした。

まずは、有名な蓮池。




龍から入って虎から出るのだが、龍は天国で虎は地獄らしい。あまり地獄からでてきたくはなかったのだが、しかたがない。


そして、高雄でも海岸(旗津海岸)へ行くことに。


とはいうものの、高雄についてから気温はぐんぐん上昇して37度に。。あっっちーーー。そして、鞄の中には長袖がぁぁぁ。なぜ持ってきてしまったぁ。


海岸の公園でおしりにひたすら水をぶっかけてる子供を発見(笑)



今日は自転車で海岸を走ることに。







たくさんの出会い思い出をありがとう!!!また、台南&高雄にきます!!




PS 写真日記みたいになってきたけれど、このブログの写真のアップロードがかなり遅いのでかなりめんどくさいです。どうにかなりませんかね、JUGEMさん。

PS2 日本の首相が菅さんに!!ドラスチックに日本を変えていきましょう!!!。。。けれど、無理なのかなー。菅さんってわかそうに見えてもう60歳超えてるよねー。落選したもう1人の候補の人って聞いたことないけれど、50歳でしょ。ちょっとテレビで見たかった。年齢で差別はしてるつもりはないんだけれど、どこかのじじいの集まり新党には何があっても投票はしない。石原さんがいまの日本の若いものにこれだけ日本のことを憂い出る人がいない。なんて言ったけれど、こっちだと憂い出るさ!!なんとかしたいんだけれど、あんたらの顔が邪魔なんですよ。
多くの老人を政治家として出しゃばらせておく日本がよくなるとはどう考えても思えない。




| Taiwan Trip | 04:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 04:47 | - | - | -









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ