CATEGORIES
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 緑見日より | main | 笑っちゃうぜ、Mrサンデー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
Expo Mie Trip III
昨年の三重旅行に続き今年もGWに行ってきました。

困ったのが昨年と比べて住人さんが4倍に増えていることだった。まぁ、全員が行くことはないにしても全員くれば30人、半分でも15人である。ちょっとした旅行会社が企画するパックツアー並になることは予想できた。

どのようにして行こうかいろいろ悩んだんだけれど、お金の面でも楽しさの面でも車一台で行く方がいいということなので、MAX29人乗りのマイクロバスをレンタルすることにした。

さて、当日マイクロバスを借りるわけだが、予想以上に大きい! 



市バスとそんなに変わらないのだ。マイクロというから舐めていたところがあって、バスであることを忘れていた。


ともあれ、出発!




まず、今回のメインイベントでも忍者コスチュームを着て町をあるく。




前々回の三重旅行で初めて知ったのだが、GW中だと700円で子供、大人、犬の忍者衣装が1日レンタルできるのだ。仮装して町歩くって見ていると結構恥ずかしくて、仮装するのは子供だけだろうと思いがちだが大人も結構忍者仮装をしてあるいている。女子大生4人組みがヒール空きながら忍者の衣装を着てたりするのだ。(コスプレのイベントがあったりなど日本人は周りがしていたら、仮装が好きな民族だと思う)

今回も同様に町には忍者服を着た人たちでいるということで、それなら新撰組がいてもおかしくないだろうということで、自前の新撰組衣装を持って行き住人さんたちに貸出ました。










その後忍者屋敷へ行くのだが、毎度行くたびに思うことは入場料が高い。忍者が住んでいた家が復元された施設へ行き、忍者の生活や行動、どんでん返しなど忍術の展示説明+忍者博物館で700円である。しかも、どんでん返しなどは実際体験ができないのだ。すべて見るだけ。

これは日本のどこの公共施設でもいえるのだが、「安全」や「破損」を考慮してか、すべて見るだけである。しまいには進む順路まで決められていたりする(なぜ順路を決めたがるのだろうか?)。これっぽっちも「楽しく」みせようなんてことは考えられていないのだ。研究者じゃあるまいし、忍者好きに資料をみせても仕方ないでしょ。もっと手裏剣や水遁の術だの、いろいろと体験させた方が絶対良い思い出になって友人たちに話したくなるし、次はその友人が来たくなると思う。せっかく忍者という世界的ブランドがあるのに、コスプレっていう面白い活動やっているのに、非常にもったいない気がしてならない。


話しを旅行に戻して、夜はBBQ&花火








今回も楽しくそして無事に終われてよかったです。次は海だ!今回は、結構プランニングしていったんだけれど、次回はノープランで自分も行ったことないところに行こうと思います。



| From Boss | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 17:53 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/123
このページの先頭へ