CATEGORIES
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< デザートパーティー・花灯路・夜桜などなど | main | トイレには神様が。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
海外好きです。半分くらいにおいては。
日本が嫌いというわけではないのですが、基本、わびさび、礼儀なんてのは嫌いです…。うーーん、嫌いという言葉は正確じゃないですね。文化とかそういうのは理解できます、礼儀もそれなりに(ほんとそれなりに)わかります。けれど、それを盾にワーワーいうてくる人は嫌いです。

アメリカ留学中、最初にカルチャーショックを受けたのは、お腹がいっぱいだったり、嫌いで食べられなかった食べ物を躊躇なくゴミ箱に捨てている光景をみたこと。 親から食べ物を粗末にしてはいけません。 学校の給食を残してはいけません。 なんて言われて育った僕には強烈な一撃でした。

それを見たき、半分は受け入れられなかったんだけれど、もう半分はそんなんもありなんだと感じたのです。

ようは、ダメなんてことはないんです。いまから思えば給食を残して怒られるなんて馬鹿みたいな話しだと思います。ほんとに学校のときに給食を残す人とか食べるのが遅い人なんて、ダメ人間のように扱われるけれど、だからどうって話だと思うんです。もちろん、教育の意味もあるとは思いますが、それはそれで別にやればいいと思うのです。

いま就職活動で内定もらえてない人とか、何も内定がもらえず卒業してしまった人とかも、社会ダメ人間、不景気のあおりを受けて不幸な人間のように扱われてたり、そう思ってるように見られていると感じてしまうけれど、だからどやねんっていうわけなんです。

先日、アメリカ人とも話ししたんだけれど、とりわけ日本人は普通の会話でもその人のステータスによって、態度があまりにも変わりすぎると。彼は京都大学の助教授なんだけれど、たまたま出会った日本人のおっちゃんにそのことを伝えただけで、おおおおぉってなり、生徒でもないのに先生と言われて話しがしずらくなったそうな。

いやいや、関係ないじゃん。もしその人がニートだったら、どういう扱いをするんだろうか? 相手のステータスによって態度を変えるのも良い人とダメな人を区別している無言のプレッシャーだと思う。


さて、今日はこんなことを書きたかったわけではないのです。


2,3日前、とくダネを見ていたら、日本での就職をあきらめタイで就職し4月入社を目指す男性が取り上げられていた。1部上場会社を辞めて、タイの企業に転職した友人がいたこともあって、かぶりついて見た。

基本的に、ぼくは海外で働くことに憧れます。どんな形であれ、海外で数年働いていたっていうだけで、スゲェェカッコイイってなります。

けれども、今回とりあげていた男性はそうではなく、日本で自分の思う業種の就職の見込みがないから海外へ。(ここまでは行動力があって面白い)それで、あわよくばタイの日系企業に就職して現地採用から国内採用への変更を狙う。。。えっ。。。


どこまで日本好きやねん。


そこまでのプランがあるんだったら、一旦別の仕事に就職するとかして、直接日本の商社を探したほうが早いと思う。


その後テレビは、語学や文化の問題だったり、収入面においても現地採用は現地の物価に合わせた給料をもらうため、日本に勤める同年代と年収の格差があったりなど、もっともらしい感じで大変さを強調していたが、ぜんぜん楽しいそうじゃん。別に給料なんて食べていける給料もらえればいいだろうし、格差なんてはぁ何言ってんのって感じでしょう。仮に感じたとしても、向こうはアリキタリな日本で働いていて、こっちはタイ!完全にこっちの勝ちって思えないのかな?将来を考えても、タイ語がしゃべれるようになれば、タイでも日本でも働ける。



いいことずくめで、憧れるんです。(僕には、笑)できることなら、いますぐにも海外で働きたいって本気で思ってます。


まぁ、彼自身が本気でタイで働きたいと思っていないから、メディアもその調子でタイに来てまで仕事を探すかわいそうな人な感じで取り上げていた。あげくのはてにコメンテーターまでも、これはひどいですね〜なんてことを言ってる始末。i mode開発者の1人として有名な元ドコモの夏野氏も 「国内採用の人が現地に転勤する場合はGNPにカウントされるけれど、現地採用の日本人はカウントされない。」なんてことを言っていた。

あきれた。夏野氏は興味のある1人であっただけに、ちょっとショックだった。

GNPがどうのこうのとかって考え方小さくない?? タイの経済が発展すれば、そこに日本人の功績が多くを占めれば結果的についてくるでしょうし、1人の日本人としてタイで魅力ある人間として接すれば、日本に興味を持つタイ人が増え、観光で来たり、留学してきたりする人が増えるはずです。


日本人は日本人として日本で働かなければダメなんてことはない。


もっと大きく考えていきましょうよ!


PS.タイで勤める友人からちょこっと聞いたんだけれど、現地採用日本人社員はゆっくりできる時間も与えられないらしい。現地人は定時に終わるんけれど、日本人はサービス残業したりするそうな。せめて、現地語を習ったり、現地で遊んだりする時間は設けてほしいものです。


| 就職活動 | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 05:36 | - | - | -









http://expohouse.jugem.jp/trackback/118
このページの先頭へ