CATEGORIES
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
2011 平渓天灯フェスティバル
日本では川に長る灯篭流しにあたり、それを天に飛ばすのが天灯。

テレビで見たのをきっかけに 

http://v.youku.com/v_show/id_XMjAzMDA1NjAw.html
(23:00 くらいからご覧アレ)


超見たくなったのです。で、タイ人の友人たちに話ししてたらどうやら10月か11月だということがわかって、残念ながら今回はいけないなーーっと思っていました。

で、そんな矢先台湾に到着してゲストハウスのオーナーさんがいきなり明日天灯のお祭りがあると伝えてきたのです。しかも僕が1日しか滞在しないその日にお祭りがあると。

台湾でもあるのは知っていたんですが、今回は1日しか滞在しないということもあって完全にノーマークでした。

相変わらず台湾では強運ですね。去年の1ヶ月間台湾滞在記

というわけで、元住人さんと一緒に平渓天灯フェスティバル行ってきました。











めっちゃ綺麗の一言。

お祭りを観に行って、心臓がドキドキするなんて久しぶりです。みんなで飛ばす前は、かなり興奮しました。


この天灯は飛んでいった後、どこに行くだろうか?

そんな野暮なことはきかず、次はタイのコムローイを見に行きたいですね。

みなさんもぜひ。


| Taiwan Trip | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | -
30日 感謝

Folkmoot的朋友們,TLI學校的老師們,台灣的網友們,語言交換的朋友們,我的客人的爸爸,Facebook和Twitter的朋友們,在餐廳遇到的朋友們,還有Homestay的家人

謝謝大家對我的照顧與幫忙!

這一個月在台灣的生活繼續努力學習中文,下一次來台灣我相信我的中文會比想在更好,到時候我一定為大家做好吃的日本料理。

各位朋友們,有機會來京都 請一定要與我連絡。

謝謝大家!! 

再見!

小森 勇佑

(我的hostmother翻譯了)



台湾のみなさん本当にありがとうございました。

この気持ちどう表現していいかわからないんだけれど、本当に感謝しています。

もっと中国語が話せるようになって、仲良くなりたいと強く思いました。

また、近いうちに来ようと思っていますので、そのときはまたよろしくお願いします。

(上記の翻訳ではないですが、想いは同じです)


| Taiwan Trip | 03:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
29日目 最後
ぎゃーーーーーー、いよいよ残すところ最後の1日となった。。

もっと長く台湾に居たい、

けれどエキスポハウスのみんなとも会いたい。

が正直な気持ち。


さて、最後の土日の2日間(日の夜を除く)はなんとなく一人で過そうと思っていた。

この28日間は、もうそれはそれは毎日毎日新しい出会いや発見や体験の連続であった。自分からやってみようと思ってやってみたこともあるけれど、感覚的にはほとんどが自分の予測外の出来事がほとんどだったと思う。

それで、今日は午後からぷらぷらと西門あたりを歩く、ただ歩く。

途中、アニメあしたんちのテーマソングをCDの音に合わせながら、生ドラム演奏をしている人を発見(カメラを忘れて写真がとれなかった。。。)

たしかにこっちであしたんちが人気らしくテレビでよく見るが、何故ゆえに路上で。。。


まぁよしとしよう。

雨が降り始めたので、急いで小南門までいってお土産を買いにカルフールにいく。

カルフルールで安いDVDがあったので、語学学習用にドラマかアニメのDVDを探しに行ってみると、ちびまる子ちゃん発見!!

しかも900分で199T$。おおおおおお、これは買って仮に見なかったとしても大した損害はない!!即買いだ!他にも別の種類が2つあったので、こうなりゃまとめて買いだぁぁぁぁ! 

レジに行く前に600T$はちょっと費用かけすぎたかなと思ってると、どうやらバーゲンセールだったらしく、1つ128T$で3つで384T$。これは安い。1000円ちょっとで、2700分の中国語のマルちゃんが聞ける。1分0.5円程度だ。しかも最初のころのマルちゃんならすべて見ているので、学習にはちょうどいい。来月、2週間フランスに行くのでもって行こうと思う。




あとは台湾のインスタントラーメンを大量買い。

いままで海外旅行してきていろいろ考えた結果、その国のインスタントラーメンが一番安くて喜ばれると思った。だって、インスタントラーメンってその国によって味が変わるし、かつ安くてうまい。買いすぎたとしても自分で食べればいいことなので、たくさん買っても問題ない。そして、インスタントラーメンというのは他の箱詰めお菓子よりも時間がかかる。お湯をいれたり、粉をいれたり、かやくを入れたり、、。そして、食べるのも一口というわけにはいかない。ということは、あとあとになっても結構覚えているものなのだ。(と勝手に思ってる。)

というわけで、持てる限りのラーメンを買う。ちなみに僕が買ったほとんど牛肉麺といって、日本にはない味である。



まー、年配の方にもインスタントラーメンをというわけには行かないので、ザ台湾お土産的なものも買っておいた。


帰りはどしゃ降り雨の中をMRT&バス&徒歩で帰宅。


残すところ明日。


PS

そんなこんなで今日1日は一人で過ごしたわけなんだけれど、やっぱ一人はつまらない。誰かと話しがしたい。そう強く感じた1日だった。

PS2

この1ヶ月「充電」ができた。いつもは自分が案内したり、会話を作ったりするほうなので、あまり受身になるほうではないのですが、こっちに来てからはいろいろ教えてもらったり、案内してもらったり、注文してもらったり、と頼ることがほとんどだったので、いまは体力、気力ともに満タン。

| Taiwan Trip | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
27,28日目 台湾のゲストハウス
27日目



せいじさんの言語交換について行きました。ついた先は、またしてもお祭り。

6月の台湾はお祭りが多いのか、僕の運がいいのか、台湾に来て2回目の祭りです。

今回は以前の淡水ほど大きくはなかったが、それでも爆竹はバチバチなり響いていました。






それにしても平日にもかかわらずのけっこう盛り上がっています。

京都でも地域のお祭りとかありますけれど、年々小さくなっていっててうちの地域のお祭では屋台さえもなくなっています。

夜は言語交換相手の友人たちと一緒にハンバーガーを食べました。





28日目

せいじさんが住み込みで働いてるゲストハウスを見せていただきました。(ちなみにせいじさんはここではなくここの系列店で働いています。)

入ってびっくり。超きれい。超モダン。

想像してたのとは全然違いました。





日本でもそうなのだが、国は違えど同業者ということもあってオーナーさんと彼女とすごく話が盛り上がりました。また、彼女さんが超パワフル。中国語があまりしゃべれないにも関わらず、ガンガン質問をしてくるのだ。2時間ほど話してすごく仲良くなったので、次は台湾に来るときはここに住むことに決めました。

すごくいいのであまり紹介はしたくないのですが、一人でも多くの人に来てもらうことがオーナーさんにとっての喜びでもあると思うのでリンクあげておきます。

Camel's Oasis

ちなみに僕がいったところは↑ではなく、先月オープンしたばかりのところでサイトが見つかりませんでした。でも、Camelが付くのでホステルワールドで調べればすぐわかると思います。

僕が1番びっくりしたところは、乾燥機付き食器棚をシンクの上に置いているところです。入ったときにこれをみただけでここのオーナーさんは細かいところまで気を使っているということが判断できました。

これはうちのハウスでも4件目以降からだいたいのハウスで導入しているのですが、食器を洗ったあと置いておくかごをシンクのとなりにするとかなりのスペースがとられ、しかもそのあと食器を食器棚に置かないため常にやまもりの食器が置かれている状態になります。

けれど、これがシンクの上だと食器がやまもりでも見栄え上はきれいだし、スペースも取られないですみます。

こういったところにきちんと費用かけているところがすごい。しかもこれ結構かかります。日本だとニトリで99800円+取付費。


夜は昨日に引き続きせいじさんの言語交換に付き添いました。



台湾生活残すところわずか1日半。






| Taiwan Trip | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | -
26日目  学校最後の日
あらっ、昨日下書きした文章が保存されていなかったので、また書き直しています。。。めんどーー。


昨日で学校は終わりました。


月曜日から金曜日まで1対1で毎日4時間の授業を受けました。授業ごとに5,6人の先生がローテーションする形式で行われました。先生も丁寧に教えてくれるので、他の学校に行ったことがないので比べ用がありませんが、おすすめの学校だと思います。ちなみに授業料は1ヶ月弱で7万5千円くらいかかりました。自分で授業時間が決められるので、1ヶ月いくらというのではありません。


今日最後の授業の一つにいつもの先生が都合でこれなくて別の先生が代わりにきました。その先生は超ハイテンションの先生で、ほとんど座ることなく、立ちながら中国語一つ一つの説明をまるで演じるかのごとく説明していました。

休むことなくテンポよくハイテンションで授業を進めていくので、途中で可笑しくなりました。だって、自分も家庭教師をちょっとしたことがあるのでわかのですが、なかなかハイテンションで授業をずっと進めるのは難しいものなんです。しかもエネルギー使って頑張って教えても、頑張らなくて教えても、給料は同じだし、生徒の言語能力の進捗は生徒本人の学習力にも大いに関わってくる部分も多いので、つまりいくら頑張っても得られるリターンが少ないと感じしまうからなかなか続けられないのです。


しかも他の先生が自分の教科書に教えるポイントをこまめに書き込んでいるなか、彼女の教科書は真っ白。つまり体で覚えてしまっていて言うことが頭に入っているのだと思います。


教え方にはいろいろあるのでどれが一番正しいかどうかはわかりません。わかりませんが、少なくとも初級や中級レベルの言語を習得する上で「楽しい」と感じる授業は大事だと思います。日本語の先生も楽しく教えてあげてくださいね。


ふと思ったのですが、先生ってよい職業だと思います。だってペンとボードそして需要があれば、どの国でも働けることができます。


ともあれ先生たちとも仲良くなれたし、大満足の1ヶ月でした。



その後、夜は以前エキスポハウスに予約の問い合わせのメールをくださった台湾人の方とその友人と一緒に日本料理店でご飯を食べました。








メールのやりとりからも日本語能力が高いことはわかっていたんだけれど話しをしてみるともはや日本人。うまいとかいうレベルではないのだ。しかも日本に留学をしたことも住んだこともないのである。以前にも台南で日本語の通訳をしている人にも出会ったけれど、その人もそうであった。


うーーーん

想像ができない。


留学もしていなくて、両親も日本語が話せなくて、学校で教えてもらうことなくペラペラに話せる。


なんで?



その彼女曰く、B'zが好きで、稲葉さんがいたから日本語が話せるようになったと。それで独学で高校卒業時には日本語能力検定1級を合格したそうな。(ええええええええぇぇ、独学ですよ、独学。)


(もちろん台湾では日本語や日本文化に接する機会が多いが、例えば日本で彼女と似たような条件で英語をそこまで話せる人に出会ったことはない。)


なるほど、好きこそものの上手なれ か


確かに好きじゃなかったら、上達はしないと思う。思うけれど、、ねーー。


何か人間の能力のすごさ、素晴らしさを感じることができました。



絶対できないなんてことはないし、

やりたいことをやらない決断になんの面白さも進歩もない。



感心してる場合じゃないね、中国語頑張ります。



PS. 

上記で紹介した日本語ペラペラ台湾人さんは台湾の会社から日本の本社で働けるオファーが来て、会社をやめてワーホリでうちに住みながらバイトを京都で住むか、そのオファーを受けて正社員として東京で働きながら日本に住もうか考えています。そのことについていろいろ話しをしたのですが、僕の意見はそん時話さなかったので、ここで伝えます。


ズバリ東京でしょーー。


いろいろ条件があって、妥協できないところもあるかもしれないんだけれど、他国で働いてもいいよって言われることなんてどれだけ素晴らしいことか。会社から提示された条件を考慮しても余りあるチャンスだと思いますよ。



なので、うちには来ないで下さいね(笑)



ぜひぜひ週末、年末、ゴールデンウィークに遊びに来て下さい^−^


PS2.

28日に帰国しますよーーー。




| Taiwan Trip | 14:12 | comments(3) | trackbacks(0) | -
25日目 樹林 なんじゃこりゃー



毎週月曜日に語学交換をしている台湾の友人(僕よりも年上で家族もおられます。) がいまして、その方が10ヶ月ワーホリで生活されている日本人の方のためにさよならパーティーを開くので、ぼくともう1人別の日本人男性とがそのパーティーに招待されました。ちなみにその10ヶ月ワーホリされていた日本人の方は以前ブログでも紹介した川上さんです。



で、樹林というところに電車にいって、彼の自宅についたのですが、、、


玄関を開けると、別世界!


いわゆる台湾にある部屋の雰囲気とは全然違う。よく家の屋内外に貼られてある恭喜發財のポスターはどこにもない。まるで、アメリカのリビングルームであった。テーブルには食器が並べられており、別のテーブルにはマンゴーと蓮霧(中国語読みリエンウ)というフルーツが山盛り置かれてある。


なんじゃこりゃーーーーーーーー




そしてテンションは一気に上がって、マンゴー&蓮霧を食べまくる。食べ過ぎて他の人の分がなくなるなんて気にしなくていいのだ。何せ山盛りフルーツだから。(笑、すいませんあつかましくて)そしてまたうまいのなんの。マンゴーに関してはこっちに着てから台湾に来るまでの29年間食べたマンゴーの5倍くらいはこの1ヶ月で食べている気がするし、蓮霧に関してはこれまた酸味&後味さっぱりで喉をうるおしてくれるのだ。このマンゴーと蓮霧のコンビネーションはエンドレスに続けられる最高の食べ合わせである。





果物に目を奪われながらも中国語の会話も頑張って聞いたり話したりしてると、料理が次々とテーブルに並べられていった。 


さぁ、食べましょうという声とともに席を立ちメインテーブルに移動すると。。。。


これまた

なんじゃこりゃーーーーーーーーー

唖然である。

ぼくを含めてアラサー日本男3人たち一同に目がクリックリに丸くなった。








驚きの連続である。

これに加えて2種類のスープもあるのだ。

しかもどれも味付けは最高だ!

スペアリブのおいしさといったら、表現のしようない美味しさであった。どこのレストランよりもうまい。

本当にありがとうございました。





PS1

明日が最後の学校です。先生は僕の中国語はどのくらい上達したと思ってるのだろうか?

PS2

このブログぼくの友人の台湾人の方も読まれてると思いますが、誤解を恐れずにいうと、何もご飯を作れだの、もっと驚かせてだの、と決して言ってるわけではないですよ。毎日の感謝とその気持ちを刻みこむためにできる限りありのままの感情を書いているだけです。ここで出会った人たちと過ごした一瞬一瞬がすべてであります。

PS3

毎週月曜日の語学交換ありがとうございました。次、京都に来るときは必ずご連絡くださいね。



| Taiwan Trip | 04:01 | comments(1) | trackbacks(0) | -
24日目  八里
今日は八里に行きました。八里は淡水の対岸にあります。


昼過ぎから大雨&雷&強風だったので(前回も八里にいったときは雨だった)、中止になるのかなと思っていたのですが、いざ八里の方に行ってみると途中で雨が止んでいました。

友人に聞くと、こういうことはたまにあることだそうです。







いいですね、八里。淡水と違って人も店もそんなに多くなく、歩いていて気持ちがいいです。また、台湾に来たくなる理由が増えました。





淡水を通らずに八里にいける道路が開通され、これからは八里もどんどん開発されていくそうです。開発され人が来やすくなるのはいいのですが、ちょっと残念なことでもありますね。



| Taiwan Trip | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | -
23日目
昨日、日曜日は台湾の友人宅の家に行きました。




友人宅といっても普通の家ではなく、竹林農家で山まるごと土地を持っていました。


というわけで早速筍狩り(堀り)









通常筍は土に埋まってるのを掘り起こしてとるのですが、外見からはどこにあるのかすごくわかりづらいのですが、友人のお父さんは次々と見つけて行きました。



筍大会に出品される筍だそうです。




筍業界では有名人だそうです。




すげぇーーーー豪勢なランチです。

筍がめっちゃうまいっす。



さて、台湾生活も残すところ1週間になりました。

振り返るのは早いかもしれないけれど、すっごく充実した生活を過ごせています。3週間しか住んでないけれど、3ヶ月住んだような感覚です。それくらい毎日新たな出会いや発見、驚きがありましたし、また様々な場所に連れて行って頂きました。加えて、ご飯も美味しいし、飲み物も最高に美味しい。もっと中国語を喋れるようになって、もっとディープに生活に溶け込んでいきたいものですね。

台灣的生活對我很合適。我想在台灣多住一段時間。(僕にとって台湾の生活はすごくあっています。もっと長く住みたいものです。)

では。




PS 昨日、八里に行かなかったので、これから行ってきます。けれど、突然の大雨と雷がやってきたのでどうなることやら。。。




| Taiwan Trip | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
22日目 旅行三昧
どもども3日連続で日帰り旅行が続いています。


昨日は語学学校の日帰り旅行活動で鶯歌(イングー、鶯=インコ)という場所に行ってきました。

陶器で有名な町なので、陶器づくり体験を。。







いつもながらこういうことをさせるとセンスがない。


まぁーー、もうわかってるから自分に何も期待してないんだけれどね。ただみんな結構きれいに仕上げるから、目立のなんの。


この日帰り旅行にきた生徒の中で日本人は僕を除いて一人しかおらず他は外国人(欧米系)だった。なかには結構うまく中国語をしゃべる人もいるんだけれど、その人は中国に半年間留学したりなど2,3年中国語を大学で勉強しているのでできて当たり前なのですが、それでも2,3年でその程度の中国語かーというレベルであった。(ペラペラのペラくらい)その他ほとんどの人がまったくと言っていいほど話せてなかった。(無論、学校内には中国語がペラペラな西洋系外国人もみかけますよ。)


なんども言うが中国語を学習する上で日本人(及び韓国人)にとっては、他国の国々に比べて圧倒的に取り組みやすい言語である。(勝手な想像だが)イタリア人がスペイン語を話せるようになるくらい簡単である。その逆もしかりで、台湾人、中国人、韓国人の日本語上達力及び完成度は他の外国人を圧倒的に凌駕しているし、日本に来るカナダやアメリカから来る留学生も中国系の学生たちが多い。


簡単だから習った方がいいとかいうのではなく、韓国ドラマを見て韓国語を習う人が増えたようにちょっとしたきっかけで台湾や中国のことが気になったら、どうしようとか迷わずすぐに本でも友達でも探して勉強してほしい。


よく韓国ドラマがBSの民放で放送されているの、台湾のドラマは少ないし、一般的には中国人や台湾人に触れる機会は少ない。だから、好きになろうにも出会わないというのが事実であろう。


もっと日本人と外国人ががっつり触れ合う機会作る、一緒に勉強する、一緒に遊ぶ、一緒に仕事する、そうなれば必ず他国のことを好きになり、語学を習うきっかけが今以上に増えると思う。


。。。。



えええええっと

話しをタイトルに戻しまして、今日は、ハウスメイトの日本人と烏来(ウーライ)に行ってきました。

烏来は温泉街なのですが、日本に例えるとするならば大分の天ヶ瀬温泉街に似ています。









天気もよく街もすごく活気があって楽しかったです。




トロッコ列車に乗っていざ烏来滝へ。



烏来滝です。




川沿いに無料で温泉が入れます。(水着が必要)ほとんど地元の人ですが、そこは温泉パワーですぐに仲良くなれましたよ。温泉で体が熱くなったら、川へ。川で泳いで疲れたら、温泉へ。最高のローテンションです。


PS1

日本VSオランダ 台湾の友人宅で見た!(本当にありがとうございます。)けれど、負けた。残すところはデンマーク戦。ぜひぜひ決勝リーグに進んで、エキスポハウスでユニフォーム来てみんなと見たい!




PS2

明日は八里(淡水の対岸)に行ってきます!

PS3

ワールドカップ関連でこんな記事を発見

中国人が日本人を応援する理由とは?


| Taiwan Trip | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) | -
20日目 淡水フェスティバル(名称不明)
ふーーー、今日は本当に楽しかったーー。

かなり歩きまくったけれど、楽しかった。


台湾人の住人さんのお父さんと会いました。



お父さんが意味がわかるわからないに関わらずほとんど話しかけてくれたので、助かったしすごく楽しかった。(理解度は20%ほど)


淡水は今回の台湾旅行でも来たことがあって、台湾の好きな場所の一つ。(みんな好きだと思うけれど。)ここに来たら、何もしなくてボーーーっと外の景色眺めてるだけでもいいし、サイクリングするのも最高なはず。(まだやったことない)ちなみにおすすめは日が暮れ始める少し前から来るのが理想。昼の風景も夜景も楽しめます。






淡水MRTに到着







お父さんがすごく住人さんと似ていたので、なんなく発見。

どこ行くのかなと思う間もなく、駅前でパレードが行われていた。


どうやら、今日は淡水で年に一度のお祭りみたいだ。


最初は小さなお祭り程度と思っていたのだが、なんのことはない夜まで続くかなり大きなお祭りだったのだ。


ブログに写真をアップするのがかなりの時間をとられるため、こちらを見てください。


淡水 祭り


中国の祭りは火薬が大量に使われると聞いたことがあるが、まさしくその通りで。たぶん、今日一日で何十万発の火薬が使われてると思われる。人が目の前にいてもところかまわず予告なしに火薬をうちまくるのだ。音もハンパなくでかい。そして、その火薬のゴミが夜になると雪の如くつもっている。

あと、バッテリーがきれて写真に取れなかったのだが、打ち上げ花火を真下から見ることができた。がっつり火の粉を浴びたけれど感激です。祭りは少々安全じゃないほうが楽しいね。


祭りの見物をし、

観光名所をいろいろと連れてってもらい、

淡水名物の魚のツミレ、阿給、(厚揚げのなかに春雨が入ってる)

それとは別に夕食は景色がよいところで、パスタをごちそうになり、

原付にも載せてもらい、

食後にはデザート入りかき氷をまたまたごちそうになり、、

しまいにはお土産もいただき、


本当にありがとうございました。


なんてお礼いいかわからないくらい感謝しています。


PS.  

明日は、日帰りスクールトリップです。


| Taiwan Trip | 04:52 | comments(0) | trackbacks(0) | -
このページの先頭へ